風邪は治って、鼻水も止まっているのになぜか咳だけが止まらない。

このようなケースで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

 

夜寝るときに咳が止まらないとなかなか寝付けず、睡眠不足になってしまいがち。

早く原因を突き止めないと私生活にも支障が出てしまいますよね。

 

でも実はその症状、別の病気かもしれません。

風邪でもないのに咳が出続ける時には、

アレルギーの発作や喘息といった事も考えられます。

 

咳だからといって甘く考えていると大変なことになってしまいます。

今回は咳が止まらない原因や改善方法などについてまとめてみました。


Sponsored Link


風邪のあと咳が止まらないのは?

実は風邪が治ったと思っても咳がでるのは、風邪の後遺症と言われています。

その後遺症の期間はだいたい2~3週間程度とされています。

 

それ以上咳が続いた場合には、別の病気の可能性があると考えられています。

例えばゼーゼーいう呼吸や痰があまりでない場合。

 

空咳といった乾いた咳が3週間以上続いた場合には、

咳喘息という病気の可能性があります。

 

この咳喘息の場合半分以上の方が、ハウスダストなどの

アレルギーによる症状とされています。

 

他にも百日咳なども可能性があります。

百日咳は主に子供が発症する病気とされていたのですが、

最近は大人も発症する場合が多いです。

 

主な症状としては、けいれん性の咳が出たり、息を吸い込むときに

ヒューヒューと音がすること、夜になると咳が頻繁に出るなどの特徴があります。

 

ですが、大人はまれに症状が出ないことも多く、乾いた咳が長く続くだけの事もあります。

よって、病院を受診しても風邪と診断される事も多いそうです。

 

病院を受診する時には、どのような咳がどのくらいの期間出ているのか?

どの時間帯に咳が出やすいのか?

などの症状を詳しく伝えることが重要です。

 


Sponsored Link


 

風邪を引いたあとの体の状態はどうなってるの?

風邪が完全に治ると、体がスッキリしている事はありませんか?

体は健康な状態を取り戻そうと働きます。

 

例えば肩こりに悩んで居た人が風邪を引いて、

その風邪が治ると肩こりが少し和らいでいる。

という事があるそうです。

 

風邪を引いている時には熱や咳、鼻水などがきつくて気づかないのですが、

普段悩んでいる体の痛みなどがいつのまにか軽減されています。

 

体の弱い所に痛みが出ると言いますが、その痛みは

疲労している部分を修復しているとも言われています。

 

風邪を引くことで、体の調子を整えてくれるとも言えるのです。

 

 

咳止めにはちみつは効果的?

 

風邪にはハチミツ。と言われるほど、ハチミツは万能食材なのです。

ハチミツには殺菌作用と、粘膜の保護作用があります。

 

このハチミツが喉についた雑菌を退治してくれたり、荒れた粘膜を守ってくれます。

水やお湯でハチミツをといて飲んだり、といた水でうがいをすることもオススメです。

 

熱がある場合にはハチミツをお湯でとき、その中に

すりおろしたショウガを混ぜると効果が期待できます。

 

咳が長引いて止まらない時には、ハチミツ大根がオススメです。

ハチミツに輪切りにした大根を一日漬け込みます。

 

そのつけ込んだハチミツを水やお湯に溶き飲むことで効果が期待できます。

是非一度お試しください。

 

 

まとめ

長引く咳は、寝不足にもつながり私生活にも支障をきたします。

風邪のあとにも咳が続くと体力的にもきつくなってきますよね。

 

しっかりと自分でできる対処を行いましょう。

今回はハチミツの効果やハチミツを使った対処法をご紹介しました。

慢性化させないためにも早めに対処しましょう。

 

2~3週間程度までは風邪の後遺症とされていますが、それ以上続く場合には

他の病気の可能性がありますので、早めに病院などの医療機関を受診することをオススメします。

 

アレルギーなども考えられますので、身の回りの環境を整えることも大切です。