幼児のお子さんの咳が止まらず、不安になることはありませんか?

原因がわからないと、すぐ病院へ行くべきか悩む人も多いと思います。

 

咳が止まらない時は、まず発熱や咳の音、持続期間などの状況をチェックしてください。

咳の状況から考えられる原因を調べました。

 

また、咳を落ち着かせる方法と、症状を緩和する食べ物も紹介します。


Sponsored Link


咳の状況をチェック!止まらない咳の原因は?

幼児の咳が止まらない時は、まず次のポイントをチェックして下さい。

 

・発熱があるか
・咳の音はどんな感じか
・どのくらいの期間症状が続いているか
・呼吸音に異常はないか
・顔色に異常はないか

 

咳が止まらない時に特に注意しなければならないのが、

気道が狭くなることによる呼吸困難。

 

子供の気道は未発達で狭く、炎症で腫れ上がると

あっという間に呼吸困難に陥ることがあります。

 

呼吸困難で意識がない、もしくは顔色や唇が白色や紫色に

なっているような場合、すぐに救急車を呼んで病院に行ってください。

 

いくら病院が近くても、一般外来だと待たされる可能性があり危険です。

 

また、上記のような呼吸困難のない普通の咳でも、病気によっては急に症状が

悪化することがあるので、病院に行くのを先延ばしにせず、すぐに受診しましょう。

 

幼児の咳で考えられる病気は主に次の通りです。

 

クループ症候群

出典:baby-bring.com/

 

クループ症候群は声帯周辺の炎症によって起こる症状で、

乳幼児期の子供に多く発症します。

 

炎症の原因はウイルスやアレルギー、細菌など様々ですが、特に細菌性や

ジフテリアのクループ症状は重篤化することが多いため、

以下のような症状が見られたらすぐに病院を受診しましょう。

 

<特徴>
・犬が吠えるような「ケンケン」という感じの咳、またはオットセイの鳴き声のような咳
・声が嗄れる
・夜中から明け方に咳がひどくなる
・息苦しそう
・呼吸をすると首の下や胸がへこむ

百日咳

百日咳菌に感染することによって発症します。

最初はくしゃみや咳などの風邪のような症状ですが、しだいに咳が増えてきます。

 

<特徴>
・夜間に発作的に咳が出る
・短い咳と勢いよく息を吸い込む「ヒュー」という音が連続する
・発熱は無いことが多い

 

ウイルス性肺炎・気管支炎

風邪をこじらせて肺炎や気管支炎になると、高熱や

はげしい咳、体のだるさなどの全身症状を伴います。

 

通常の風邪による咳や発熱は2~3日で治まりますが、1週間以上も

風邪の症状が続いている場合は気管支炎や肺炎を疑ってみる必要があります。

 

マイコプラズマ肺炎

ウイルスや細菌による肺炎の場合、咳とともに全身症状があることがほとんどですが、

数年おきに流行する「マイコプラズマ肺炎」の場合は

これらの症状がなく、咳だけが続くことがあります。

 

<特徴>
・声が嗄れる
・ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音
・数週間~1か月咳が続いている

 

気管支喘息

気管支に炎症が起きてむくみ、痰がからんで呼吸困難になります。

 

特にアトピーにかかっている幼児がアトピー症状の治まりと

入れ替わるように喘息にかかることが多いと言われています。

 

<特徴>
・息を吐くときに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と苦しそうな音がする

 

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎などで溜まった鼻水が寝ている時に喉の方へ流れ、気管にからんで咳が出ます。

 

<特徴>
・熱は出ないことが多い
・夜間の寝ている時に咳が出やすい
・朝起きた時に痰がからんでいる

 

気管内異物

気管におもちゃや固形の食べ物がつまって

呼吸を妨げてしまうことがあります。

 

特に日中に突然激しく咳込み、息を吸うのが

苦しそうであれば何か喉につまらせていないか確認しましょう。

 

以上が咳の原因として考えられる病気です。

このような病気が疑われる場合は、かかりつけの

小児科で咳の症状を伝え適切な治療を受けて下さい。

 


Sponsored Link


 

咳を落ち着かせる方法は?

 

子供の咳が止まらないと心配で夜も寝不足に

なってしまいますが、安易に咳止めに手を出すのは危険です。

 

薬によって咳が止まってしまうと詰まった

痰が出せなくなり、呼吸困難になることも。

 

咳の症状を治すには原因となる病気の治療が第一ですが、

咳による苦しい状況をできるだけ緩和する方法を紹介します。

 

加湿する

喉が炎症を起こし、乾燥やほこりなどの刺激に敏感になっているので、

加湿することで喉への刺激を和らげることができます。

 

加湿器があれば使い、なければ部屋に濡れタオルを吊るす、洗面器に

お湯を張って部屋に置くなどして乾燥を防ぎましょう。

 

市販の濡れマスクを付けるのも効果的です。

 

水分をとる

飲み物はぬるま湯などのサラッとした液体が良いです。

牛乳など粘膜に絡みやすい飲料は、咳が出る時は控えて下さい。

 

飲ませる時は少量を数回に分けて飲ませるようにします。

 

胸を高くして寝る

寝る時は敷布団の下にバスタオルなどを敷いて上半身を高くします。

上半身を起こすと気管の空気の通りが良くなるので呼吸が楽になります。

 

 

咳が出る時に喉に良い食べ物は?

お子さんの咳がひどい時に喉に効く食べ物は青魚や野菜、果物など沢山ありますが、

しんどい状態の子供にはなるべく食べやすいものをあげたいですよね。

 

今回は子供の好きな甘い食べ物を中心に紹介します。

 

パイナップル

パイナップルには「ブロメライン」という酵素が

含まれていて、炎症を鎮める効果があります。

 

水分と糖分補給もできて一石二鳥です。

ミキサーでジュースにするとより飲み込みやすくなります。

 

カリン

カリンはよくのど飴などに使われていますよね。

 

アミグダバリンという成分が喉の炎症を鎮める効果があり、

漢方医学では古くから咳止め薬として有名です。

 

そのままだと渋くて食べることができませんが、

ハチミツ漬けやジャムにするとおいしく食べることができます。

 

咳がひどい時には温かいお茶に混ぜると飲みやすくなります。

 

ハチミツ

ハチミツには優れた殺菌作用、保湿成分があり、

傷ついた喉の粘膜を守ってくれる食べ物です。

 

また、食べると体内ですばやく糖に変換されるので、効率よくエネルギー補給ができます。

そのまま食べるのも良いですが、他の果物と合わせて食べるとより効果的です。

 

簡単にできるものとしては、りんごをすりおろしハチミツを加えた「りんごスムージー」。

熱が高く食欲がない時でも食べやすいメニューです。

 

 

まとめ

幼児の咳が止まらない原因と対策についてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

幼児の咳が出る病気には様々なものがあり、中には重篤な疾患のサインになっていることもあります。

 

咳が続く時は症状の出方に注目し、医師へその旨を伝えて適切な治療を受けて下さい。

また、咳を緩和する対策は「加湿」「水分」「寝る姿勢」これをおさえて下さい。

 

食べ物でも咳を鎮める効果が期待できますので、上に紹介した食べ物を参考にしてみて下さいね。