痰が出て咳が止まらない症状が続いてはいませんか?

ただの風邪と思いそのままにしていると、大変なことになるかもしれません。

 

痰がからむ咳が出る時の原因となる病気について調べました。

また、痰を出しやすくする方法についても紹介します。


Sponsored Link


なぜ咳と痰が出るの?

「痰」は喉の粘膜の表面にある粘液が、細菌やウイルスなどを

排除するために大量に分泌され、ねばねばした塊になったもの。

 

塊になった痰が気管にからむと、体は咳によって痰を出そうとします。

 

感染の症状が軽度であれば咳はそれほどひどくなりませんが、

感染によって粘膜が刺激を受け続けていると異物を排出する働きが

低下するため痰がなかなか出せず、咳が止まらなくなります。

 

痰の原因となる症状が何であるかは、

痰の色によって見分けることができます。

 

・白黄色~淡黄色・緑色・さび色・・・・・細菌やウイルス感染による炎症
・透明・白色・・・・・・・・・・・・・・非細菌性の炎症(アレルギー、たばこなどによるもの)
・茶色・鮮赤色・黒赤色・ピンク色・・・・肺内部の疾患のサインであることが多い

 

このように痰は様々な病気のサインにもなります。

痰が出る場合はその色にも注意してください。

 

 

痰がからむ咳にはどんな病気があるの?

痰が出て咳が止まらない場合に考えられる病気は次の通りです。

上に書いた痰の色別にみていきましょう。

 

痰の色が黄色や緑色の場合

感染症(風邪・インフルエンザなど)

風邪やインフルエンザなどの感染症により痰がからみ、咳込みます。

 

通常の風邪であれば発熱や鼻水などの症状が収まっていくと痰や咳も

少なくなっていき、1~2週間以内にすっかり治ることがほとんどです。

 

痰の色は炎症の程度がひどくなるほど黄色みがかってきます。

慢性的な炎症になると緑色になることも。

 

また、風邪をこじらせて肺炎になると、胸の痛みや

呼吸困難、全身のだるさといった症状も出てきます。

 

高熱や激しい咳が続き、全身的な症状も

出てきた場合は肺炎を疑ってみる必要があります。

 

痰の色がさび色の場合

肺真菌症

真菌というカビによって肺真菌症という感染症にかかることがあります。

発熱や呼吸困難、血の混ざったさび色の痰が見られます。

 

痰の色が透明や白色の場合

アレルギー性鼻炎

通常、アレルギーによる炎症で痰はからみませんが、アレルギー性鼻炎などで

溜まった鼻水が寝ている時に喉の方へ溜まって痰になることがあります。

 

・透明な痰で、朝起きた時に痰がからんでいるという人は、

鼻炎によるものを疑ってみる必要があります。

 

喘息

気道の粘膜が炎症を起こしてむくみ、痰も分泌され呼吸困難になります。

透明な痰と、息をするときの「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という音が特徴です。

 

慢性閉塞性肺疾患・肺気腫(COPD)

主にタバコの吸い過ぎによって慢性的に肺に炎症が起き、

痰や咳、呼吸困難などの症状が出る病気です。

放置すると命に関わるため、進行を遅らせるにはまずは禁煙する必要があります。

 

痰の色が茶色や赤色・ピンク色の場合

気管支拡張症

気管支が拡張してしまうことにより血管が増え、

細菌などによる感染症にかかりやすくなります。

 

炎症による痰の色は黄色から緑色のことが多いですが、

重症化すると痰に血が混じることもあります。

 

肺炎や蓄膿症などの疾患から移行して発症することが多いため、

肺や気道に慢性的な疾患がある人は要注意です。

 

肺結核

結核菌に感染することにより発症します。

 

発熱や食欲不振、倦怠感といった風邪に似た症状が長く続き、

重症化すると痰に血が混じり、肺に血が溜まって呼吸困難に陥る怖い病気です。

 

近年感染者が増えている結核はもう過去の病ではなくなってきています。

風邪のような症状が3週間以上続くようなら肺結核を疑ってみる必要があります。

 

肺がん

肺がんの初期症状としては血の混じった痰や息切れ、胸の痛みや

全身の倦怠感などがありますが、ごく初期では

ほとんどこれらの症状が出ず、咳だけが出ることもあります。

 

タバコなどの煙が要因となって発症する肺がんは「喫煙者の病気」と

思われがちですが、非喫煙者も副流煙の影響を強く受けて

発症することがあるので注意が必要です。

 

普通の痰や咳が8週間以上続く場合は肺がんを疑ってみる必要があります。

 


Sponsored Link


 

痰を出そうと無理に咳込んではダメ!骨が折れることも!?

 

肺の重篤な病気でない場合でも、痰や咳が

出続けるだけで体を痛めてしまうおそれがあります。

 

咳によって骨や筋肉に大きな負担がかかり続けると、肋骨が疲労骨折することも。

痰がからむ時は無理に咳込まず、次のような方法で痰を出すようにしましょう。

 

・うがいをする、またはぬるま湯を飲む
・口を閉めて小さく咳払いをし、痰を集める
・最後に大きく咳払いをして痰を出す

 

この方法で痰が出せない場合は、寝た状態で痰を出す方法もあります。

ただし疲れやすいため、1日2~3回、1回20分以内にとどめましょう。

 

⦁ 横向きに寝て、手を脇の下のところにおきます
⦁ 鼻からゆっくり息を吸って、口からゆっくり息を吐いて、深呼吸します。
(ポイント: もう吸えないところまで胸いっぱい吸ってから、ゆっくりと吐きましょう。)
⦁ 2の姿勢で休み、痰が上がってくるのを待ちます。
⦁ 大きく息を吸って、勢いよく「ハーッ! ハーッ!」と口から息を吐きます。
(ポイント:横向きに寝たままおこなっても、座っておこなっても、どちらでも構いません。)
⦁ 大きく息を吸って「ゴホン!」と咳をします。
(ポイント:咳は3 回まで。それ以上おこなうと疲れます。)

画像と文の出典:erca.go.jp/

 

 

まとめ

痰が出て咳が止まらない場合の原因と対処法について

調べて見ましたが、いかがでしたか?

 

痰は体の異常を表すメッセージ。見過ごしていると

重篤な病気のサインを見逃してしまうことになります。

 

上にあげた病気が疑われる場合は、早めに

専門医を受診して適切な治療を受けて下さい。

 

また、しつこくからむ痰は無理に咳込んで出そうとすると

身体に思わぬダメージが出ることもあります。

 

今回紹介した痰を上手に出す方法を参考にしてみて下さいね。