風邪などで咳の症状があっても、昼間はそうでもないけど

夜になると咳が止まらなくなって困ってしまった。

そんな経験はありませんか?

 

咳の症状が出る病気はアレルギーや喘息など、とてもたくさんあります。

ですが病気に関わらず、夜になると咳がひどくなる感じる方が多いようです。

 

寝る前に薬を飲んだはずなのに、それでも咳が止まらなくなる。

寝ていたのに咳が出てしまって起きてしまった。

 

咳のせいでそばに寝ている家族も起こしてしまった。

夜中に咳が出てしまうと、自分自身が辛いだけでなく

そばに寝ている家族も寝不足なってしまうこともありますね。

 

咳を止めるために抑える効果のあるツボを押してみるなどする人も多いようです。

 

 

では、夜中になるとどうして咳がひどくなってしまうのでしょうか?

その原因を調べてみました。


Sponsored Link


寝ている時に咳が止まらないのはなぜ?

 

咳は喉や気管、気管支などに炎症が起こったり、刺激が受けた時に出ます。

風邪で咳が出るのも、喉や気管支にウィルスや細菌が繁殖するためです。

 

では、夜中に咳がひどくなってしまうのはどうしてなのでしょうか?

 

副交感神経が活発になる

睡眠中は交換神経よりも副交感神経が活発になります。

副交感神経が活発になると身体をリラックスさせる効果があり、筋肉などを緩めます。

 

筋肉が緩んでしまうと気管がせまくなってしまい、

空気が通るだけでも粘膜を刺激して咳が出やすくなっているのです。

 

鼻水が気管に入る

風邪をひくと咳だけでなく鼻水の症状も出ることもあります。

起きている間は鼻水をこまめにかんだりできますが、

寝てしまうとそれが出来なくなります。

 

そして副交感神経で全身がリラックス状態になっているために、

鼻水が気管に入りやすい状況になってしまいます。

 

その鼻水が気管支を刺激してしまい、

咳が出やすくなってしまいます。

 

アレルギー反応

布団の羽毛やほこりや、ダニなどにアレルギー反応を

起こし咳が出てしまっている可能性があります。

 

今まで何の症状がなくても、ある日突然

アレルギー症状が出ることもあります。

 

夜に布団に入った時だけ咳が出るのであれば、

アレルギーを疑ってもいいでしょう。

 


Sponsored Link


 

寝る体勢は関係あるの?

 

多くの人は仰向けに寝ることが多いと思います。

 

ですが、寝ている時には副交感神経の影響で全身の筋肉がリラックス状態となり、

寝ている間、知らず知らずのうちに口が開いたままになってしまうことになります。

 

口が開いたままになっていると口の中、喉が乾燥してしまい、

さらに粘膜や気管が刺激を受けて咳が出やすい状態となってしまいます。

 

また鼻水が出ている場合、仰向けに寝ることで

気管に鼻水が流れ込みやすい状態となります。

 

そして、鼻が詰まってしまっているために、呼吸をするために

どうしても口が開いたままの状態になってしまいます。

 

ですので、口の中の乾燥を防ぐためにマスクを着用して

口の中の乾燥を防ぎ、横向きに眠るようにしましょう。

 

 

寝ている時の咳は止められる?

 

寝ている間の咳を完全に止めることは難しいかもしれません。

ですが、少しでも楽にする方法はあります。

 

咳をすると喉が乾燥してしまいます。乾燥していると気管を刺激しやすくなってしまいます。

ですので、咳を少しでも楽にするためには、乾燥を防ぐことが一番大切なことです。

 

それでもどうしても咳が止まらなくて、困ってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、ハチミツを利用しましょう。

 

ハチミツには喉の炎症を抑える効果があります。

ハチミツ大根や、かりんのハチミツ漬けなどは、

咳を止める効果があると昔から利用されていますね。

 

ハチミツをそのまま飲むだけも効果がありますよ。

 

 

まとめ

夜中に咳が出てしまうと、寝不足になるだけでなく体力も消耗してしまいますね。

 

咳の症状が出ている時はあらかじめ部屋を加湿しておく、

マスクを買っておくなど前もって準備と対策をしておきましょう。

 

ハチミツ大根などを作っておくのもいいと思います。

少しでも楽に眠れるといいですね。