出典:med.kobe-u.ac.jp/

 

夜中に急に咳が止まらなくなった、そんな事ありますか?

寝苦しいですし解決したいですよね。

 

そこで今回は、夜中に咳が止まらない場合の対処法と寝れない場合の対処法。

咳が止まらないのはどのような病気なのかについてご紹介いたします。


Sponsored Link


咳が止まらないのは何かの病気なの?

アレルギー反応

夜中に咳が止まらなくなったら何かの病気を疑いますよね。

 

まず疑われるのは、ウイルスや細菌、ほこりが体内に取り込まれ

それに対して身体が防衛反応として咳を起こしている事が考えられます。

 

自律神経

特に夜の咳には自律神経の問題も関わってきます。

 

自律神経には主に降る昼間にエネルギッシュにしてくれる

交感神経と休憩やリラックスを促す副交感神経に分けられます。

 

夜には副交感神経の影響で気管や気道が狭くなってしまうのです。

狭い気管や気道に対して、身体は不要物を追い出そうとするので

その二つが反して咳がひどくなってしまうのです。

 

その他

アレルギー反応や風邪などにより鼻水が増えた際に

仰向けで寝る事により気道に流れ込む事も考えられます。

 

また、喘息の経験者の場合は副交感神経の影響で気道が

刺激されて咳喘息を引き起こしている事も考えられます。

 

もちろん、これだけが原因ではないので医療機関で受診されることをおすすめします。

 


Sponsored Link


 

夜中に咳が止まらない時の対処法は?

中々夜中に咳が止まらないとご自身も寝れない事に付け加えて

家族にも迷惑をかけてしまいかねないので止まらせたいですよね。

 

乾燥の予防

まず、蒸しタオルや濡れマスクといった喉に水分を

潤してくれる物で鼻や口を覆い潤すことが大切です。

 

乾燥を予防させるために加湿器をかけて部屋全体を潤すことも重要です。

また、枕元に温かい飲み物を置いておき、喉を乾燥させないように潤すことです。

 

アレルゲンを取る

お部屋のウイルスや細菌、ほこりが原因となっていることから

日中に掃除をして換気をしておき部屋を清潔に保つことも有効です。

 

布団も同様にアレルゲンが付着している事が考えられるので

布団用の高性能掃除機などでこまめにアレルゲンを取る処置も必要です。

 

喫煙や飲酒の禁止

喫煙や飲酒をすることで夜に咳が出やすくなります。

筋肉が弛緩することにより、気道が狭くなり夜に咳が出やすくなってしまいます。

 

なので、夜に咳がでている期間は禁煙禁酒を心がけましょう。

 

 

寝れない場合はどうすればいい?

寝る姿勢を変える

仰向けで寝ることで気道が鼻水や痰でふさがりがちになってしまいます。

 

しかし、横向きに帰る事により鼻水や痰を気道に

いきにくくなるので気道を刺激することなく咳を抑えることができます。

 

暖かい飲み物を飲む

特に喉に優しいと言われるはちみつと

レモンを溶かした紅茶を一杯飲みましょう。

 

カフェインで寝にくくなる方は

はちみつレモンでも良いかもしれません。

 

はちみつには気道を広げる効果があり

特にあたたかい飲み物に混ぜる事で力を発揮します。

 

咳を止めるツボ

こちらには咳を止めるツボがあるので是非参考になさってください。

簡単なので咳が止まらない夜に試してみるのはいかがでしょうか。

 

 

咳1週間以上続く場合は医療機関の受診を

よほど咳がひどい場合は後日に医療機関を受診し医者の診断をもらう事も大切です。

夜になり1週間以上も咳が止まらない場合は「咳喘息」を疑われます。

 

また、夜中の咳が2週間以上続く場合は、結核やマイコプラズマの可能性も考えられます。

この場合は、耳鼻咽喉科への受診をおすすめします。

 

その他に心因性の咳が起こる事も考えられ、強い不安やストレスにより起こる事もあります。

このような場合は、心療内科やメンタルクリニックを受診してください。

 

 

まとめ

出典:iwaya-clinic.jp/

 

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

夜中に咳が止まらない原因には部屋の状態や

日々の摂取物に影響されることが分かりました。

 

また、夜中の咳を対処するには、寝る前から用意できるものと夜中に

咳が止まらなくなった場合に対処することのできるものをご紹介いたしました。

 

夜中の咳が緩和されることを願っています。