出典:tenniskega.com/

 

ふくらはぎに筋肉痛のような痛みがある場合

どのような原因があるのでしょうか。

 

筋肉痛は一般的に、久々に運動をしたときなどにあらわれます。

けれど、特に心当たりがないのに筋肉痛のような痛みがある場合

一体何が原因なのか心配になってしまいますよね。

 

さらに、ふくらはぎの筋肉が固くしこりのように

なっていて痛い、なんてこともありませんか?

 

今回はそんなふくらはぎの痛みに関して、「筋肉痛のような痛み」と

「固いしこりのようなものがある場合」について、掘り下げて見ていきましょう。


Sponsored Link


ふくらはぎに筋肉痛のような痛みがあるけど大丈夫?

急な運動や久々のスポーツなどの心当たりがなく、筋肉痛のような

痛みがあるときは、軽い痛みだからと軽視できない

ケースもまれにあるので注意しましょう。

 

ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こす原因として

考えられるものを、ここでは大きく3つにわけて説明します。

 

肉離れ

比較的軽度な痛みの肉離れを起こしていた場合、筋肉痛のような痛みとして

感じられることがあるようです。適切な処置を行えば心配ありません。

 

腰部の疾患

「腰部椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など、腰部の神経を

圧迫する疾患が原因となっていることがあります。

 

また、お尻の筋肉が硬くなってしまうことで腰部からの神経を圧迫し

ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こすということも考えられます。

 

これらも病院の受診・適切な処置により多くは重症化することはありません。

 

内臓の病気

考えられる原因として最も注意してほしいものが、内臓疾患によるものです。

高血圧の既往歴がある人などは、「動脈硬化症」の可能性も否定できません。

 

こちらは足の血行不良を起こすので、ふくらはぎに

筋肉痛のような重だるい痛みとして感じられることがあります。

 

そのほかにも、むくみがあるという場合は「腎疾患」も疑いますので

ふくらはぎの筋肉痛のような痛み以外の症状にも注意が必要です。

 


Sponsored Link


 

固いしこりみたいなものがある場合は何かの病気?

続いて、ふくらはぎに固いしこりのようなものがある場合についてお伝えしていきます。

 

固いしこりがあるのはなんだか不安になってしまいますが

多くの場合は命にかかわるようなものではなく

重篤な疾患につながることはまれです。

 

固いしこりの痛みとして考えられるものとしては、「筋膜炎」が挙げられます。

筋肉の使い過ぎにより、筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)に炎症を起こしている状態のことです。

 

出典:stretchpole-blog.com

 

この筋膜炎を起こすと、固いしこりのようになって触れることがあるようです。

 

過度の疲労により誰にでも発生する可能性のあるもので、血行改善のために

温熱療法を行ったり、ストレッチを行うなどの対処をします。

 

 

病院には行ったほうがいい?

いずれの場合も、病院を受診し適切な診断や日常生活での指示などを

受けておいたほうがより安心です。以下で詳しく説明します。

 

筋肉痛のような痛みの場合

肉離れや腰部疾患を疑うときは「整形外科」を受診しましょう。

内臓の病気を疑う場合は「内科」をまず受診しておけば

その後の診察により適切な診療科を紹介してもらうこともあります。

 

固いしこりがある場合

「筋膜炎」であることが考えられると説明しましたが

こちらもやはり病院の診察を受けておいたほうが安心でしょう。

 

筋膜炎であれば整形外科の担当になりますが、その他の病気の

可能性があるときには医師に適切な診療科を紹介してもらえるでしょう。

 

筋膜炎と診断を受けたあとであれば、自分で温めたりストレッチしたりといったケアも大切です。

整骨院や鍼灸の治療を受けることも、痛みの緩和や症状の早期改善に効果があります。

 

 

まとめ

筋肉痛のような痛みも、固いしこりがある場合も

ほとんどが筋肉の使い過ぎによる疲労からくるものです。

 

まずは十分な休息をとってくださいね。

また、ヘルニアなど腰部の疾患であった場合も

治療とあわせてセルフケアが大切になってきます。

 

いずれも病院の診断を受け、専門家の知識と技術に

助けてもらいながら、症状の改善を目指していきましょう。