立ったり歩いたり運動をしたりと、何かと酷使されることの多い足。

そんな足の中でも、特に痛みを感じることが多いふくらはぎ。

 

さらに片足だけが痛むという場合、なにか病気なのではと心配になりますよね。

病院にかかるにしても、何科に行けばいいのかわからないなんてこともありませんか?

 

今回、ふくらはぎの痛みの原因について、とくに片足に

痛みが出ている場合についてお伝えしていきます。


Sponsored Link


ふくらはぎの痛みはなぜ起こる?

ふくらはぎの痛みの原因を、ここでは大きく3つにわけて説明します。

 

筋肉の疲労

一般的に、いちばん多いと思われる原因が「筋肉の疲労」です。

長時間の立ち仕事や、足を酷使する運動などにより

ふくらはぎの筋肉に疲労物質が蓄積され痛みを起こします。

 

また、疲労により足の血行不良などがすすむと

こむら返りを起こすこともあります。

 

肉離れ

上記の筋肉疲労に比べて、急激な痛みが特徴です。

短距走などの瞬発的に筋肉に力を入れるスポーツで

起こりやすい症状で、筋肉が損傷している状態です。

 

病気の可能性

ふくらはぎに痛みを起こす可能性のある病気には、以下のようなものがあります。

 

腰部の疾患(ヘルニアなど)

腰部の神経が何らかの疾患により圧迫を受け、下肢に神経痛が出ることがあります。

ふくらはぎに痛みを起こす主な神経には、「坐骨神経」が考えられます。

 

下肢静脈瘤などの循環器障害

何らかの原因により、足の血行が悪くなってしまった状態です。

とくに怖いのが「閉塞性動脈硬化症」の場合で

放っておくと命にもかかわる病気です。

 

糖尿病や高血圧の既往歴のある人は特に注意が必要です。

足の痛み以外にも、歩行障害などの症状がみられることもあります。

 


Sponsored Link


 

片足にだけ痛みが出る場合の原因は?

 

では、ふくらはぎの痛みが片足のみに限定されている場合

どのような原因が考えられるのでしょうか。

主な原因を以下の2つに分けて説明します。

 

片足に負担がかかっている

人の身体は左右対称に使われているわけではなく

それぞれ癖というものがあります。

 

たとえば、利き手・利き足があったり

重心が左右どちらかにかたよったりしますよね。

 

そういった個人によって違う身体の使い方によって、片足に

負担や疲労が重なってしまった場合、痛みが

その負担の大きかった側に出る場合があるようです。

 

こむら返りや肉離れに関しても、負担のかかっている足に起こりやすいです。

痛むほうの足を酷使している心当たりはないでしょうか?

 

神経痛によるもの

腰部の疾患による神経痛は、基本的には片側に出ることが多いです。

 

日ごろから腰痛があったり、腰に負担のかかる動作が多い人は、

片足に痛みがあるという場合、腰部の疾患による神経痛を疑います。

 

症状が進行していると、両足に症状が出ることもありますが

片足に痛みが出ている段階で早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。

 

 

病院に行くなら何科がいい?

では、病院を受診する場合は何科に行ったらいいのでしょうか。

 

整形外科

筋肉疲労による痛みや肉離れを疑う場合は、まず整形外科を受診しましょう。

腰部疾患による坐骨神経痛などもこちらが専門です。

 

肉離れの場合、病院に行く前の処置としてしっかりと冷却しておくといいでしょう。

 

症状が軽い場合は歩行も可能ですが、痛みを軽視せず

受診をして適切な診断と治療を受けておくと安心です。

 

循環器科

下肢の静脈瘤など血管の疾患を疑う場合、循環器科が専門です。

 

動脈硬化などの重大な病気が隠れている可能性もあるので、筋肉疲労や

スポーツ障害が考えられない場合は、必ず専門医の診察を受けましょう。

 

循環器障害は、足の痛み以外に冷えや歩行障害などの

症状がありますので、注意して見逃さないようにしてください。

 

行くべき診療科の判断がつかないときは…

「整形外科」もしくは「内科」を受診しましょう。

医師の診断により、病状に合った適切な病院を紹介してもらえます。

 

診断に納得がいかない場合や、通院していても症状がなかなか良くならないときは

病院を変えるというのもひとつの手です。自分に合った病院を選びましょう。

 

かかる治療費は?

最後に治療にかかる費用ですが

こちらは一概にいくらということはできません。

 

筋肉の障害、血管障害どちらであっても

健康保険適用ですので、1~3割負担となります。

 

治療回数も症状の重さによって変わってきますし

どの原因であってもたいてい複数回通院することになります。

 

年単位の長いおつきあいになる可能性もあります。

参考として例を挙げるなら、一般的に、軽い肉離れで

1か月未満の通院、治療費は1回数百~数千円となります。

 

 

まとめ

ふくらはぎの痛みについて、片足の場合の原因や受診科目についてお伝えしました。

 

片足に痛みがある場合は、腰部疾患による神経痛であることも多いため、

しっかりと病院を受診し適切な診断と治療を受けることが望ましいです。

 

そして、医師によるアドバイスなどをしっかりと

日常生活に取り入れ、症状の改善・予防に努めていきましょう。