仕事で疲れがたまっていたり、運動やスポーツを

した後などにふくらはぎがつって、痛みに襲われる。

 

中には寝ている間や、起きた瞬間に痛みに襲われる方も少なくないようです。

成人の約3割は月に一回以上、こむら返りの症状に襲われていると言われています。

 

一瞬に痛みにびっくりしてしまいますが、特に治療をしなくても痛みが

すぐに治まってしまうことから、「すぐに治るからいいや」なんて思いがちです。

 

ふくらはぎの筋肉が収縮することが原因起こると言われているこむら返り。

単に足がつって痛みだけならいいですが

実は肉離れの前兆だったり、病気のサインの可能性があります。

 

今回は足がつった時の痛みが続く場合の原因や対策などを調べてみました。


Sponsored Link


ふくらはぎがつるのが治らない場合は?

 

まずは、ふくらはぎがつってしまった原因を考えましょう。

つってしまう原因のほとんどが、筋肉の疲労だと言われています。

 

この場合は足をゆっくり伸ばしてあげると痛みや症状が落ち着きます。

ですが、ミネラルバランスが崩れていると、筋肉の働きに

悪影響を出てしまい、足がつってしまうこともあります。

 

激しい運動をしていなくても暑さや下痢、嘔吐などの影響で

知らず知らずのうちに脱水に近い状態になってしまい

ミネラルバランスを崩してしまっていることが原因となっている場合があります。

 

足をゆっくり伸ばしたりしても、まだ足がつっている状態が

治らないのであれば、しっかりと水分補給をして足を休めてあげましょう。

 

この場合ミネラルを補給してあげることも大切ですから

スポーツドリンクや経口補水液などを飲むようにしましょう。

 

それでも、症状が改善しない場合は、肉離れの可能性や他の病気の可能性もあります。

肉離れが疑わる場合は整形外科、それ以外であれば内科や神経内科を受診しましょう。

 

 

痛みが続く場合は?

 

足がつった時、まずは激痛に襲われます。

その後に激痛は何とか治まったけど、痛みがなかなか取れないことがあります。

 

本来であれば足がつった直後に対応するのがベストですが

すぐに処置できないこともあると思います。

 

足に痛みが残ってしまっている場合は

その場所の筋肉がまだ緊張している可能性があります。

ですので、その場所の筋肉をほぐしてあげることが大切です。

 

温めて血行をよくしてあげてから、ゆっくりと

マッサージして筋肉の緊張をとってあげましょう。

お風呂に入った時にマッサージしてあげてもいいと思います。

 

それでも痛みが続いたりひどくなったりするようであれば

その場所に何だかの炎症を起こしている可能性があります。

整形外科などを受診しましょう。

 

 

つるのを未然に防ぐ方法は?

出典: os-1.jp/

 

足がつるのを防ぐためのポイントは3つです。

 

普段からこまめな運動を心がけましょう。

足の筋肉量が減ってしまうと、血行が悪くなり疲労も貯まりやすくなってしまいます。

筋力の低下を防ぐために適度な運動を心がけましょう。

 

こまめな水分補給、ミネラル補給

水分が不足すると血行が悪くなります。

運動する時だけなく夏場は汗をかくことも増えるので

 

普段からこまめな水分補給をしましょう。

汗をかくとミネラルも不足します。

 

このミネラル不足も足がつってしまう原因となります。

スポーツドリンクや経口補水液などを取り入れるようにしてください。

 

バランスのよい食事を心がけましょう

ミネラルは食事からも摂取できます。

一番不足しがちなミネラルはマグネシウム

カリウム、カルシウムの3つと言われています。

 

バランスのいい食事を心がけることで

これらのミネラルもしっかり補給できます。

 

 

まとめ

単純に足がつってしまうことは

よくあることだと思います。

 

ですが、症状が改善しない、何度もくり返す場合は

肉離れや他の病気のサインかもしれません。

 

不安な時やいつもと違うな感じた時は病院を受診も考えましょう。