気がつけば下っ腹がぽっこり。いつの間にこんなぽっちゃり体型に?!

と焦りを感じる方も少なくないのではないでしょうか。

 

原因は運動不足や日々の姿勢など様々ですが、お腹がぽっこりと出ているだけで

なんだかだらしない体型に見えてしまいます。

 

このぽっこりお腹をなんとかしたい!とお考えの方も多いはず。

エクササイズや運動が苦手な方でも、日々の生活の中で改善することができます。

 

もちろん、毎日自分がどれだけカロリーを摂取しているかなどの

食事を見直すことも大切ですが、もっと効果的にお腹を引っ込められる方法が存在します。


Sponsored Link


お腹に力を入れるダイエットはある?

ぽっこりと出てしまったお腹。

すぐにでもなんとかしたいですよね。

 

特に女性は腹筋などの筋力トレーニングは苦手という方も多いと思います。

そんな方にオススメしたいダイエットをいくつかご紹介します。

 

ロングブレスダイエット

これは耳にしたことがある方も多いと思いますが、簡単に言えば深呼吸です。

 

鼻から大きく息を吸い込み、時間をかけてゆっくりと口から息を吐き出します。

吸い込むときにしっかりとお腹を膨らませ、口から吐くときには、お腹をへこませる事が重要です。

 

そこをしっかりと意識してください。

これを一日10回するだけでも効果はでてきます。

 

続いてのダイエットはもっと簡単です。

お腹をへこませて、膨らませてを繰り返すだけ。

 

ポイントとしては、へこませたときに、2、3秒ほど止めるようにしましょう。

ただこれだけなので、歯を磨きながらや通勤途中など

いつでもどこでも気づいた時にできます。是非やってみてください。

 

次は、ご自身の姿勢を見直して見ましょう。

特に座っているとき。猫背になっている方多いのではないでしょうか。

 

猫背で前屈みになっていると、自然と下腹は出てしまう物なのです。

椅子に座った時、しっかりと胸を張って背筋を伸ばし

お腹を引っ込めることを意識してみいましょう。

 

それだけで随分姿勢も綺麗にみえますし

お腹のエクササイズにもなりますので一石二鳥です。


Sponsored Link


 

二週間分のダイエットメニューは?

 

実はお腹周りを痩せるのには2週間程度あれば

随分見違えるほどに変化をさせることができます。

 

3つのメニューがあります。

 

骨盤8の字ストレッチ

腰に手を当てて、骨盤を8の字を描くように回します。これを30回。

 

ロングブレスダイエット

先ほどもお話をしましたが、意識して深呼吸をしましょう。これを20回。

 

最後は椅子に座ってのエクササイズ

椅子に浅く腰掛け、そのまま足をまっすぐ前に上げます。

膝を伸ばすことを意識しましょう。まっすぐ足を上げたら10秒キープ。

 

これを5セットしましょう。

この3つを毎日繰り返すと2週間ほどで変化がみられる可能性があります。

 

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この回数や秒数はあくまでも目安です。

ご自身の体の無理のないペースで行ってください。

 

 

ダイエット中にやってはいけない事は?

ダイエット中にしてはいけないこと。

もちろん暴飲暴食は厳禁です。

 

エクササイズをしたからと言って暴飲暴食をしてしまえばもちろん効果は期待できません。

ダイエット中の食事も栄養やカロリーを考えましょう。

 

暴飲暴食はいけませんが、食事を抜くことももちろんNGです。

食事を抜くことはリバウンドにつながります。

 

食べていなかった分の反動は大きいので

ダイエット中も食事はしっかりととりましょう。

 

また、長く続けることが大前提ですので

回数を増やして無理をするのもオススメできません。

 

もちろん体に負荷をかけて頑張ろうとする気持ちは良いのですが

長く続けられるよう適度な負荷を心がけましょう。

 

 

まとめ

ぽっこりお腹をへこませる方法をいくつかご紹介しましたがいかがでしたか?

もうすぐ夏がやってきます。

 

姿勢を正すだけでもお腹は少しずつ変化してきます。

毎日の食生活や、姿勢を見直すチャンスです。

 

気になっている方は是非チャレンジしてみてください。

ダイエットの効果を期待して、食事を抜いたりすることはオススメできません。

しっかりと食事を取りつつのエクササイズを心がけましょう。