お酒が好きなお父様に贈りたい父の日ギフトといえば日本酒ですね。

プレゼントするなら喜んでもらいたいものですが、銘柄も価格帯もたくさんあって迷ってしまいます。

 

銘柄だけでなく清酒に焼酎にどぶろく、最近はスパークリング清酒という種類も登場しています。

 

父の日に贈るのにぴったりの、お財布に優しいおすすめ銘柄に奮発してプレゼントしたい珍しいお酒はどんなものがあるでしょうか。まとめてみました。

 

お酒について詳しく知りたい方はこちらから。

父の日に日本酒をプレゼントしたい!つまみや詰め合わせの種類は?


Sponsored Link


日本酒1本の平均的な相場は?

日本酒は種類もさることながら、スーパーやコンビニに置いてある安価なものから桐箱に入っているような超高級品まで数も値段も多彩なギフトのひとつですね。

 

日本酒1本の平均的な金額は材料や作り方だけでなく表示してある等級や税金によって変わり、一概に「価格が高い=美味しくて高級」ではないので注意が必要です。

 

具体的な価格も一升あたり千円もしないものから数万円でも買えない物もあります。

こうした理由から、日本酒全体の平均的な相場というのはあってないようなものなのです。

 

プレゼントしたい銘柄が決まっていない場合は、まず先に予算を決めてしまうのが良いでしょう。

ほかに購入や予算を決める助けになる情報としては、日本酒の種類に注目する方法もあります。

 

日本酒は材料のお米の使う割合や作り方によって特定の種類が付いているので、種類の名前もギフトを選ぶひとつのポイントになりますね。

 

大まかな分け方ですが、普通酒と名前が付いているものはリカーショップやスーパーでたくさん並んでいるのはこの普通酒が多いですね。

 

順番に本醸造酒、 特別本醸造酒<純米酒、特別純米酒<吟醸酒、純米吟醸酒<大吟醸酒、純米大吟醸酒と名前が変わっていきます。

 

価格も右に行くにつれて上がっていき、大吟醸は1万円以上になるものが出てくると覚えておくと名前からも選びやすいかと思います。

 

 

プレゼントにぴったりの珍しい日本酒はある?

プレゼントに珍しいお酒をプレゼントしたいけど、日本酒に詳しくないからとしり込みしてしまうこともあるかもしれません。

 

日本酒の名前をいっぱい知っていて、近所の居酒屋においていあるお酒はみんな飲んだことあるようなお父様には、見た目や名前が珍しい日本酒をプレゼントして「こんなお酒あったんだ」と驚かせられますね。

 

見た目からインパクトが大きい赤い日本酒、加茂泉の「COKUN(こくん)」は、ラベルもレース模様で知らずに見たらワインと勘違いしそうな日本酒です。

 

出典:http://img04.shop-pro.jp/

 

作るときに赤い色になる酵母を使っている、珍しい日本酒です。

 

アルコール度数も14度が多い日本酒に中では低めの8度でスイーツのように甘酸っぱい味が特徴なので、父の日のプレゼントですが家族全員で飲むのも悪くないですね。

 

モータースポーツがお好きなお父様には人気酒造の「スパークリング純米大吟醸」を贈られると珍しくて喜ばれるかもしれません。

 

日本で開催されているスーパーフォーミュラの表彰台では、シャンパンではなくこのスパークリング清酒が開けられます。

 

ふたの形は珍しいものなので、開けた後もインテリアとして楽しめるのではないでしょうか。

 

普通に珍しさというより、もう父の日専用なのではないかと思わせる、株式会社tenの「大吟醸オヤジナカセ」は名前の通りお父様を感激させられますね。

 

出典:https://oyajinakase.jp/

 

お父様の作ったお米を息子がお酒にしたオナジナカセは、生まれから親子の絆をひしひしと感じる一本です。

 

ラベルのようにお父様についであげながら「いつもありがとう」と声をかけたら、飲む前に泣かせてしまいそうですね。

 

合わせて読むと良い記事はこちら。

父の日のプレゼントはいつ渡せばいい?若い父に贈る物は何がいい?


Sponsored Link


 

父の日に贈る日本酒のおすすめ銘柄!

珍しい日本酒もいいですが、やはり安定した人気のある定番銘柄を贈れば大きく外すことはないですね。

普段は居酒屋やバーで一杯しか飲まないお酒が食卓に現れたら喜ばれること請け合いです。

 

よく目にすることの多い名前のひとつの朝日酒造「久保田」は定番中の定番の一品でしょう。

 

出典:http://www.asahi-shuzo.co.jp/

 

飲みやすく温めても冷やしても美味しく飲める久保田は広い年齢層に人気の日本酒です。

 

久保田シリーズは特別本醸造から純米大吟醸まで味と価格が選べるので、お酒に合うおつまみグルメをセットに贈るのもいいかもしれませんね。

 

お値段も知名度もワンランク違う日本酒好きな方の憧れの旭酒造「獺祭(だっさい)」は父の日だけでなくプレゼントギフト全般として優秀な日本酒です。

 

出典:https://www.asahishuzo.ne.jp/

 

獺祭の名前の付いたものも久保田と同じように、シリーズとしてスパークリングや精米具合が違うものがありますので、予算と好みに合わせて選べるのが嬉しいですね。

 

最後は日本酒ではなく焼酎なのでカテゴリー的には少し変わりますが、おすすめの銘柄として白玉醸造の「魔王」があります。

 

出典:http://www.ee26.com/

 

名前のインパクトと焼酎ならではのアルコール度数25度が人気の魔王は、居酒屋のカウンターや店先にずらっと並んでいるのを見かけるほど有名なお酒ですね。

 

普段は日本酒を飲まれているお父様に、目先を変えた焼酎をプレゼントはいかがでしょうか。

 

お酒に合うおつまみについて知りたい場合はこちらから。

父の日に手作りご飯をご馳走しよう!食べ物やおつまみのおすすめは?

 

まとめ

日本酒は下は千円以下から数万円までさまざまな価格帯に商品があるので、平均的な相場はあってないようなものです。

 

ある程度の予算が決めて探す方が探しやすいでしょう。

 

ほかにも種類によってはおおまかな価格が分かれているので探す手助けになると思います。

プレゼントにぴったりの珍しい日本酒にはお酒自体珍しいものや、名前が珍しいものがあります。

 

定番の日本酒ギフトとして久保田や獺祭、焼酎の魔王といった有名銘柄も数ありますので、お父様の好みに合わせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。