2017年も夏に近付いて、日本全国の花火大会の

開催情報をたくさん目にするようになりましたね。

 

その中でも関東で2017年に開催が決定している花火大会の

およそ100件から、関東のおすすめ花火大会ランキング・トップ3として

人気の花火大会をまとめてみました。

 

規模・アクセスの良さ・人気など、多数の要素を比較した

2017年版ランキングのほかにも、意外と知られていない

関東の穴場花火大会情報もお届けします。


Sponsored Link


2017年関東花火大会のおすすめランキング!第3位 うつのみや花火大会

出典:hanabi.walkerplus.com/

 

第3位にランクインした栃木県宇都宮市で行われる

「うつのみや花火大会」は、約2万発の花火が鬼怒川河川敷を彩ります。

 

8月12日の18時30分から20時30分と、なんと2時間に渡って

「幸せ~みんなとつながる一つの夜空~」のテーマのもと

鬼怒川河川敷の宇都宮市道場宿緑地 から打ち上げられます。

 

荒天に場合は翌日が予備日になっていますが雨天決行なので

鑑賞の際はレインコートなどの雨具をあらかじめ用意しておきましょう。

 

 

2万発の花火を見に県内外から40万人が宇都宮に集まり

有料席・無料席や近隣の公園、河川敷は多くの鑑賞客で混雑します。

 

会場までJR宇都宮駅から車で20分と遠隔地にあるため

当日は宇都宮駅から臨時バスが運行されます。

 

また、自家用車で来られる人のためにキヤノンが

4000台の無料駐車場を用意し、13時から先着順で開放されます。

 

打ち上げ会場からは少し離れますが、穴場鑑賞スポットとして

大型ショッピングモールの「ベルモール・屋上」や

「サンクス宇都宮柳田店・駐車場」が挙げられます。

 

お店の敷地内なのでお弁当やお菓子の購入はすぐに出来ますが

どちらも花火が上がる時間帯は屋上・駐車場に人が集まりますので

花火の打ち上げ開始前後にお買い物をして置くと安心ですね。

 


Sponsored Link


 

第2位 木更津港まつり花火大会

出典:hanabi.walkerplus.com/

 

第2位は千葉県木更津市で毎年8月15日に開催される

「木更津港まつり花火大会」ではJR木更津駅から

徒歩10分のところにある中の島公園で行われます。

 

お盆のさなか、8月15日の19時10分から20時30分の間に予定されている

木更津港まつり花火大会は、約1万発の花火を「木更津港まつり」の

締めくくりに打ち上げる、イベント最大の盛り上がりプログラムです。

 

荒天時は翌日の16日か17日のいずれかに順延されますので

降水確率は1週間予報でチェックしておくといいかもしれません。

 

 

有料席を含めて例年30万人の人出を数え、打ち上げ場所の

木更津湾の周りは駐車場が多数あることからも大変混雑します。

 

多くの人混みを避けて花火を鑑賞したい人は、無料駐車場があり

ラクラク見られる「袖ヶ浦海浜公園」や、高台から見下ろすかたちで

花火と木更津の夜景を見下ろせる「太田山公園」など車で行きやすいスポットがあります。

 

また、木更津駅から少し離れますが

「イオン木更津店・屋上駐車場」からも花火がきれいに見られます。

 

注意点としては、イオン木更津店の駐車場内は特に規制が

されていませんので、事故だけには十分に気をつけてくださいね。

 

 

2017年関東の花火大会の穴場は?

出典:hanabi.walkerplus.com/

 

第1位の発表の前に、関東の穴場花火大会の

「サザンビーチちがさき花火大会」をご紹介します。

 

サザンオールサターズのファンの人ならピンと来る名前の海水浴場

サザンビーチ(茅ヶ崎海水浴場)で毎年行われる花火大会で

2017年は8月5日(荒天時は翌日6日)に19時30分から20時20分の50分間に

およそ3000発の花火が打ち上げられます。

 

 

規模はあまり大きくありませんが、スターマインの連続打ち上げや

水面に孔雀が跳ねを広げたように見える「水中孔雀」を見に

約8万人の人がにぎわう茅ヶ崎名物の花火です。

 

おすすめの鑑賞スポットは、メイン会場より辻堂側に

10分ほど歩いた先にある岬型の「ヘッドランド」周辺です。

 

打ち上げ場所から離れてしまいますが、屋台が並び人出も

そんなに多くないので花火と縁日の両方を楽しめます。

 

昼間はサザンオールスターズや加山雄三などの

芸能人ゆかりの地を歩き、夜は花火鑑賞してはいかがでしょうか。

 

 

第1位 隅田川花火大会

出典:city.sumida.lg.jp/

 

関東花火大会のおすすめ第1位は、東京都台東区で行われる

約2万2000発、およそ95万人の観客が訪れる「隅田川花火大会」です。

 

江戸時代から続く隅田川花火大会は、人気・観客数ともにトップクラスの

全国屈指の花火大会で、今年は7月29日の19時5分から20時30分の間に

二つの打ち上げ会場から花火が打ち上げられます。

 

荒天順延で予備日は翌日の7月30日に設定されていますが

台風の多い時期ですので天気予報や降水確率の情報はこまめに調べておくといいでしょう。

 

 

隅田川花火大会は全国的に人気なこともあり

穴場スポットはどこも定番化していてどこも混雑が予想されます。

 

夕方から歩道者に開放される「国道6号線・水戸街道」やその近くにある「銅像掘公園」

花火を上空から見下ろせる「スカイツリー展望デッキ」や川面から花火を見上げる

「隅田川花火クルーズ」といった無料スポットから豪華花火鑑賞まで

先に楽しみ方を決めてからスポットを決めるといいですね。

 

 

まとめ

2017年の関東のおすすめ花火大会は、2時間かけてたっぷり花火鑑賞が出来る

第3位の「うつのみや花火大会」、第2位はアクアラインで東京・神奈川から

行きやすくなった「木更津港まつり花火大会」、第1位は全国的にも有名で人気も高い「隅田川花火大会」です。

 

関東の穴場花火大会は、のんびりとした雰囲気が満喫できる

「サザンビーチちがさき花火大会」をおすすめします。