話題の炭水化物抜きダイエットですが、

1日3食全てに気を使うのは大変ですよね。

忙しい朝と昼は普通に食べたいと思うもの。

 

こういった理由で夜だけ炭水化物を抜く人がいますが、

なぜか痩せないという声も多く出ているようです。

これはなぜでしょうか?原因を調べてみました。

 

また、コンビニの商品で作れる夕食メニューも紹介します。


Sponsored Link


カロリー摂りすぎ!?自分の適正カロリーを知ろう

炭水化物を抜いても痩せない理由としてまず考えられるのが

カロリーの摂りすぎによるもの。

 

ご飯やパンを抜くと満腹感が得られないため、朝食や昼食を食べ過ぎたり

間食が増えたりして、必要以上にカロリーを摂取してしまうことがあります。

 

1日の活動で必要なエネルギー量を「適正カロリー」といい

実際に摂取したエネルギー量を「摂取カロリー」と言います。

 

適正カロリーを知る簡単な方法として、以下のような計算があります。

(実際は体重や年齢、運動量によって大きく差が出ますのであくまでも概算です)

 

適正カロリー(kcal)=標準体重(kg)×25~30

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

 

例:身長170cmの男性・・標準体重は63㎏、適正カロリーは

1575kcal~1890kcal という事になります。

 

炭水化物を抜いていても、摂取カロリーが適正カロリーを

大きく超えるとやはり太ってしまいます。

 

自分の適正カロリーを知って、1日の摂取カロリーが

適正カロリーを超えないように気をつけましょう。

 

 

こんなものにも糖質が!見落としがちなNG食品とは?

 

そもそもご飯やパンなどの主食を控える理由は

炭水化物に多く含まれる「糖質」が肥満の原因になるから。

 

これらの食品を減らしているのに痩せない人は、もしかしたら

気が付かない内に他の食品から糖質を大量摂取しているのかもしれません。

 

炭水化物抜きダイエットをする際に見落としやすい

NG食品をあげますのでチェックしてみて下さい。

 

市販の野菜ジュース、手作りのフルーツスムージー

市販の野菜ジュースは飲みやすくするために大量の砂糖が入っています。

また、手作りであってもフルーツスムージーは

1杯に大量の果物が濃縮されるので糖質を摂りすぎてしまいます。

 

スポーツドリンク

一般的なスポーツドリンクにも糖分が大量に入っています。

体に素早く吸収されるので血糖値が上がるのが早く、ダイエットの逆効果に。

特別なエクササイズをしていない限り、飲むのは控えた方がいいでしょう。

 

トンカツや白身フライなどの揚げ物

肉や魚自体は糖質が少ないですが、外側のパン粉が炭水化物を多く含んでいます。

から揚げ粉や天ぷら粉も糖質が多いので、揚げ物を食べるなら素揚げにしましょう。

 

糖質の多いドレッシング

少量なら問題ありませんが、日常的に何にでもかけて

食べるようであれば糖質を大量摂取していることになります。

以上のような食品は極力控えるか、食べ方に気をつけて下さい。

 


Sponsored Link


 

夕食を食べる時間は就寝時間の3時間前に

仕事で帰宅が遅くなり、夕食を食べた後にすぐ寝なければいけない事もありますよね。

食後にすぐ寝てしまうと、エネルギー源が余って脂肪に変わってしまいます。

 

本来夕食は寝る時間の3時間前にはすませたいところですが、どうしても遅い

夕食になってしまう場合は、夕方に軽食をとって一旦エネルギーを補給し

夕食は低カロリーで消化のいい食事にしましょう。

 

 

お風呂に入ってから夕食を食べよう

お風呂に入って温まると血液が体の表面に集中するため

消化機能は一旦停止状態になります。

 

夕食後すぐにお風呂に入ると胃腸が消化不良を起こしてしまい

代謝が乱れてダイエットの効率が悪くなってしまいます。

 

夕食後は最低1時間程度の間隔をあけてから入浴しましょう。

かといって、入浴後すぐに食事をするのもよくありません。

 

入浴後は胃腸がうまく動かないので

最低30分間をあけてから食事をとるようにしましょう。

 

 

コンビニの千切りキャベツで作れるダイエットメニュー

 

炭水化物抜きダイエットに効果的な食事を

遅い時間でも買えるコンビニ商品を使って作れます。

 

今回はビタミン豊富なキャベツがメインのレシピを

紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

キャベツ焼き鳥丼

キャベツをご飯代わりにした丼。

味噌ダレが合うのでとてもおいしいです。

 

<材料>

・キャベツ千切りパック     1袋(150g)

・焼き鳥(塩)         2本

・味噌             大さじ1

・豆板醤(なくてもOK です)  適量

・ゴマ油            大さじ1/2

 

<作り方>
・キャベツを丼に盛ります。

・焼き鳥を串から外してキャベツの上にのせます。

・味噌、豆板醤、ゴマ油を混ぜ合わせて丼にかけます。

 

キャベツのチキンサラダ

チキンに味がしっかりついていておいしいです。

マヨネーズとの相性もバッチリです。

 

<材料>

・キャベツ千切りパック   1袋(150g)

・サラダ用チキン(蒸し鶏) 1袋

・ゆで卵          1個

・マヨネーズ        適量

 

<作り方>

・キャベツの千切りを器に盛る。

・ゆで卵と蒸し鶏を食べやすい大きさに切り、キャベツの上に散らす。

・マヨネーズを上からかける。

 

このように、糖質の少ないキャベツや肉、卵などを使って様々なメニューが作れます。

上のメニューを参考に色々とアレンジしてみて下さい。

 

 

まとめ

夜だけ炭水化物を抜くダイエットの方法について

まとめましたが、いかがでしたか?

 

ご飯やパンを抜いていても、食べ過ぎや糖分過多

夕食を食べるタイミングなどが原因で効果が出ないことがあります。

 

実施する際は上に書いた注意点に気を付けて行ってください。

また、コンビニ商品でもダイエットに効果的な食事が色々と作れますので、

今回紹介したレシピを参考にしてぜひ作ってみて下さいね。