出典:yodohanabi.com/

 

大阪の夜空を彩る淀川花火大会は、

関西有数の街中で行われる花火大会です。

 

商店街や近隣住民が主導で作る手作りの花火大会ですが、

淀川花火大会は国内でも類を見ないほど大きな大会です。

 

関西の主要駅である大阪・梅田駅からすぐの

淀川花火大会の開催時間や開始時間はいつ?

 

街中でも花火がよく見える、おすすめの穴場スポットはどこ?

2017年の基本情報と一緒にお届けします。


Sponsored Link


2017年の淀川花火大会の開催場所は?

出典:yodohanabi.com/

 

今年で29回目を数える、なにわ淀川花火大会は

毎年8月の第一または第二土曜日に開催されます。

 

2017年の開催日程は8月5日で荒天の場合は予備日に

順延されますが、両日荒天の場合は中止になります。

 

打ち上げ会場は「新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの

淀川 河川敷」とありますが、おおまかに言うと淀川河川敷の

JR神戸線と線路と阪急神戸線の線路の間にあたります。

 

淀川の打ち上げ会場両岸には有料・無料の観覧席が作られ

大阪・関西だけでなく日本全国から約55万人の来場者が花火を見に集まります。

 

淀川花火大会の打ち上げ数は公式では非公開ですが、昨年はおおよそ

2万発が打ち上げられているとのことで、関西でも1、2を争う打ち上げ数です。

 

淀川河川敷に作られる観覧席は大阪駅側を「梅田会場」、反対岸の

十三駅・塚本駅側を「十三会場」として、当日は交通規制がかかりますので

有料の観覧席を押さえていても早め早めの行動がいいかもしれませんね。

 

梅田会場と十三会場への最寄り駅は公式の案内でたくさん紹介されていますが

どちらの会場も川に沿って長く作られていますので

行かれる席によって最寄り駅が大きく変わります。

 

最寄り駅は各々変わりますが、中継地点としてひとまず

JR大阪駅・各線梅田駅を目指せば殆どの路線が地下道や乗換え通路で

繋がっていますので間違いがないでしょう。

 

会場近くではお弁当やお菓子を販売する商店・屋台が出ていますが、

時間と共に人出が増えて移動するのも大変になりますので、

会場から少し距離がある大阪駅・梅田駅で買っておくと安心です。

 


Sponsored Link


 

淀川花火大会の開催時間はいつ?プログラムは?

約2万発の花火が夜空を舞う淀川花火大会は

大阪の夜景と共に楽しめる花火は何時ごろから打ち上がるのでしょうか。

 

2017年の淀川花火大会の打ち上げ予定時間は

19時40分から20時40分の60分間を予定しています。

 

平均すると1分間に300発以上が打ち上がる淀川花火大会は

凝った打ち上げプログラムであっという間に60分が過ぎてしまいます。

 

 

あまり知られていないようですが、例年7つの

テーマを決めて特色あるプログラムで行われています。

 

19時40分、最初に行われるプログラムは「オープニング~開幕のファンファーレ~」

として音楽に合わせて華やかに花火が打ち上げられ、開始にふさわしい賑やかさです。

 

19時52分からは「PREMIUM FIREWORKS」

淀川花火大会で人気の水中花火が登場します。

 

水中花火は上空ではなく水に向かって打たれる花火で

水面にきれいな半円状の火花が開きます。

 

出典:yodohanabi.com/

 

水中花火のあと、19時56分からの「FLASH☆」はポップな音楽によく合う

点滅する花火やテーマのようなフラッシュ光が焚かれたような

花火が淀川花火大会最長の約20分打ち上げられます。

 

明るく賑やかなのプログラムの後は繊細なピアノに乗せて花火が

エレガントに花開く「コンチェルト de 花火」が20時17分から始まり

淀川花火大会の前半を締めくくります。

 

後半の始まりは20時24分から始まる「見逃すな!!大阪の夏!!」

これぞ淀川花火大会!と言わせるような大迫力の花火が夜空を舞うでしょう。

 

終盤も近付いた20時32分には「世界仰天!?花火」をテーマに

世界が驚くような花火として水中花火と10号玉を10連発で打ち上げます。

 

最後の「グランドフィナーレ~なにわの夜空に金銀大瀑布~」は

20時37分から始まり、最後にふさわしく圧倒的な

ボリュームと打ち上げで幕を引きます。

 

どのテーマも、前年を越えていくクオリティと華やかさで

打ち上げられるとのことで、どのプログラムも期待できますね!

 

 

おすすめの淀川花火大会穴場スポット!

街中で行われる淀川花火大会はこれといった穴場スポットが

ないのですが、それでも比較的にゆったり見られるスポットを集めました。

 

ひとつは梅田会場側の有料席の「ダイナミックシート」

後方の「日本ペイント前」がおすすめです。

 

打ち上がる花火をちょうど見上げる形で鑑賞できる日本ペイント前は

打ち上げ用立ち入り禁止区域にもかかっていて臨場感たっぷりで楽しめます。

 

もうひとつのおすすめスポットは同じく梅田側の

河川敷の「海老江グラウンド・テニスコート付近」です。

 

JR東西線の海老江駅からまっすぐ淀川に向かった先の河川敷は

打ち上げ会場からは離れますが、それほど混みませんのでのんびりと花火鑑賞が出来ます。

 

会場から離れて楽しみたい人におすすめなのが

「大阪府咲洲庁舎コスモタワー・第二展望台」です。

 

以前は「WTCタワー」とも呼ばれたコスモスタワーは

淀川花火大会の日には普段入れない第二展望台(屋外展望スペース)を開放します。

 

入場料はかかりますが、大阪の有名観光地のUSJと

海遊館を見下ろしての花火鑑賞は、淀川花火大会ならではないでしょうか。

 

コスモスタワーは遠すぎる場合は、大阪の中心地にそびえる

「梅田スカイビル・空中展望台」がおすすめです。

 

大阪駅・梅田駅から徒歩10分で到着する好立地と、入場料が大人でも

700円とそんなに高くないところからすぐに定員の400人に

達してしまうので、早めにチケットを取ると安心ですね。

 

まとめ

出典:yodohanabi.com/

 

今年2017年の淀川花火大会は8月5日開催予定で、

淀川の河川敷両側や近隣の公園などに約55万人の観客が集まります。

 

19時40分から開催される淀川花火大会は

7つのテーマに沿ってさまざまな花火が楽しめます。

 

おすすめの鑑賞スポットは、淀川河川敷の日本ペイント前や

海老江グラウンド、高いところから見るなら

コスモスタワーや梅田スカイビルなどあります。