出典:memories-in-time.net/

 

新盆は故人をお悔やみする場であり

マナーに従った服装をしたいですよね。

 

そこで今回は、新盆に合う男性の服装マナーや女性の服装マナー

小物やアクセサリーをどこまで身に着けてもいいのかなどについてご紹介いたします。

 

新盆の服装マナーにお悩みの方のお力になれれば幸いです。


Sponsored Link


新盆の服装マナー

NGな服装マナー

初めての新盆であればどんな服を

着ていけばよいのか分からないですよね。

 

どのような服装がNGなのか

まずチェックしてみましょう。

 

代表的な物として赤色などの派手な色のシャツ、露出が多い服

ノースリーブ、フリフリやキラキラなどの装飾のある服

金のボタンやくだけたTシャツなどがトップスとして挙げられます。

 

ボトムスとしてはジーンズや短パン、ミニスカートなどが挙げられます。

上記の物は最低限避ける必要があります。

 

理想的な服装

理想的なのは黒かグレーの色合いの服です。

服装の中でも、特に礼服を着ていればよいです。

 

男性でも女性でも礼服はお葬式などでも着るので、ぜひ1着は持っておきたいですね。

新盆の日はなるべく礼服で訪れるようにしましょう。

 

男性が着る新盆の服装マナーは?

男性の場合は礼服のズボンと

白いワイシャツが理想の服装です。

 

上着は暑いので無くても大丈夫です。

ネクタイはしている方が無難です。

 

他の男性がネクタイをしていない場合は

取ってしまってもよいのではないでしょうか。

 

もしも、礼服が無かった場合は濃い目のグレーのズボンに同じく

白いワイシャツ、または礼服のクラックスに半袖のワイシャツと

黒のネクタイを合わせたスタイルが無難です。

 

女性が着る新盆の服装マナーは?

女性の場合は礼服でも同じみの黒色のワンピースや

スーツでもおなじみの黒のパンツに白いワイシャツなどが無難です。

 

ワンピースやスカートをはく場合は

必ず黒のストッキングを身に着けます。

 

また、女性の場合は新盆でお手伝いをすることもあるので

白色や黒色の無地のエプロンを持ってくると良いです。

 

妊婦さんであれば、マタニティ向けの

黒のワンピースなどでも大丈夫です。

 

子どもが着る新盆の服装マナーは?

赤ちゃんの場合は普段通りの服装や

お出かけ用の服装でもかまいません。

 

幼稚園や保育園、小学校に通われている場合は、園や学校の制服にも

あるかもしれませんが白色のブラウスやシャツに

黒色や紺色のズボンやスカートで良いです。

 

中高生であれば制服でも良いです。

 

礼服と平服の違いは?

最近の新盆のご案内では、

平服でも良いという言葉をよく聞きます。

 

では礼服と平服の違いとは何なのでしょうか。

 

礼服とはモーニングや燕尾服と言われる成礼服、

タキシードなどの準礼服、フォーマルスーツなどの略礼服などの事を指します。

 

また平服とはよそいきのスーツの事を指します。

つまり黒色のスーツの事です。

 

黒色のスーツという事は礼服とは変わりありませんね。

なので、平服でも良いと言われても礼服を

着ていく傾向があるので気を付けてください。

 


Sponsored Link


 

小物やアクセサリーはどの範囲まで良いの?

バッグ

黒で無地であり普段着とは

異なり装飾のない物が良いです。

 

黒のバッグがどうしてもない場合は

グレーや紺色などの地味な色合いのものを選びます。

 

金色のチェーンのついている物も避けるべきです。

 

アクセサリー

女性は真珠を基本として、ピアスまたは

イヤリング、ネックレスなどを付けます。

 

ネックレスは二連以上であれば不幸が

また続くと考えられているので一連のものを選んでください。

 

結婚指輪に関してはつけていてかまいません。

 

男性も女性も普段とは異なり

黒色で光沢のない物を選んでください。

 

また、つま先が見えるなどのサンダルや

ミュールも好ましくありません。

 

ネイル

派手な色合いのネイルや付け爪はダメなので、

なるべくマニキュアは取りつけ爪ははがしましょう。

 

髪型

ロングヘアの場合は髪を一つにまとめて清潔感を保ちましょう。

髪留め用のバレッタは黒色や紺色、

茶色などのシンプルなものを選ぶ事が無難です。

 

ベルト

男性のベルトは黒色が基本であり派手であり

目立ってしまうものは避けてください。

 

 

まとめ

出典:yosetrend.com/

 

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

初盆の服装は基本的にお葬式と変わらない礼服でかまいません。

 

気づきにくいと思いますが、小物やアクセサリーもなるべく気を付けて

新盆の参加者に不快に思われないように気を付けましょう。