出典:trend-torisetsu.com/

 

新盆とは故人がお亡くなりになられてから

49日が経ち、初めて過ごすお盆の事を指します。

 

大切な親戚の方や知り合いの方が亡くなれた時

新盆はマナーに従ってご家族にお悔やみの気持ちを伝えたいですよね。

 

そこで今回は新盆のお見舞い金額や

のしの種類、御返しについてご紹介いたします。


Sponsored Link


新盆の見舞いで金額はどの程度必要なの?

故人との関係や、家の考え方によって異なりますが

一般的には親戚と友人、知人、同僚などの立場によって金額は異なってきます。

 

親戚

金額は一人1~2万円と言われています。

さらに、夫婦でお渡しする場合は2~3万円と言われています。

 

一般的には故人の家族が行う新盆法要に参列した際に

会食まで参加して施主へ渡すのが一般的とされています。

 

しかしどうしても予定があり参加できない場合は

同額を贈る事がマナーとなっています。

不祝儀袋の表には「御提灯料」と書きます。

 

友人、知人、同僚

金額は1万円が妥当です。

法要に招かれた場合は施主に渡します。

 

また、法要に参加せずにお盆に焼香に

伺った場合は5000円から1万円を包みます。

 

不祝儀袋には「御仏前」や「御供物料」と表に書きます。

 

 

お返しはどうすればいいの?

新盆見舞いをいただいた場合には、

お返しをすることがマナーです。

 

新盆法要に出席された方には法要後の会食がお返しになりますが、

その他にも1500円から3000円の引き出物を用意し、

会食後にお返しを渡すことが一般的の様です。

 

引き出物には持ち帰りの際に重たくないようなものがおすすめです。

そこでおすすめの御返し品をご紹介いたします。

 

タオルケット

夏場の時期なのでタオルケットなどの寝具は好まれるかもしれません。

また、軽いので負担も少ないです。

 

お茶

銘茶の詰め合わせなど普段買うことのない

お茶をお送りすると好まれます。

 

お茶は老若男女誰でも飲むことができるので

送り先のご家族に向けてもお送りすることができます。

 

保存容器

人気のギフトセットのようです。

保存容器などはお料理の際に使うのでいくつあっても

困らないので少し高めでお洒落なデザインのものをプレゼントされるのはいかがでしょうか。

 

お菓子

お茶に合う小さなパッケージに包まれた羊羹などの

和菓子や洋菓子が好まれます。

 

新盆では気を使わせてしまうこともあるので一休みして

いただきたいという思いも込めてお送りすることが良いです。

 

カタログチョイス

最近ではカタログチョイスを選ばれる方も多い様です。

軽いですし、お相手のお好きなものを選んでいただくことが

できるのでお返し品が相手にあわないのではないかと不安になる事もありません。

 

しかし高齢者の方にお送りする場合は、目が悪かったりするので少し不便な様です。

新盆に来ていただく方は時間を作ってはるばる遠くから来て下さる方も多いかと思います。

 

そこで感謝の思いを込めてお返しの品を考えたいですね。

また、初盆の焼香に来られた方に向けても「粗供養品」を用意しておくことが無難です。

 

こちらは1000円程度の御返し品が一般的です。

お返しの品を送る際にはお礼状も忘れないように入れます。

 


Sponsored Link


 

のしはどしたらいい?

初盆に来ていただいた方への御返し品の、

のしの表書きは「志」、「御供養」、「初盆志」などです。

また、焼香に来られた方へののしの書き方は「志」と書きます。

 

 

まとめ

出典:sara-japan.jp/img/

 

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

初盆は故人をお悔やみする際にも大切な日であり、故人の親戚はもちろん

故人に深く関わって来られた方にとっては故人を悔やんでいただくためにも

お見舞いの金額はマナーに従った金額が必要です。

 

また、御見舞金をいただく、故人の身内側としても新盆や焼香に

来ていただいた方にしっかりと会食で御礼をして、

さらに御返し品を準備しておく必要があります。

 

御返し品は軽くて御返し品を渡す方の家族の事も

考えて食べ物や日常で使えるものがおすすめです。

のしに関してもマナー通りに記載しましょう。