亡くなった方の四十九日が過ぎてはじめて迎えるお盆の事を

新盆(にいぼん・あらぼん)や初盆(はつぼん)などと言います。

 

お盆にはお墓参りに行き、お線香をあげたりして供養をします。

新盆はそれらに加えて、僧侶を呼んでお経を

あげてもらったりなどの法要を行います。

 

新盆の時期や日時は地域によって多少違いがあるようです。

 

社会人としてご仏前などの最低限のマナーや

挨拶、お盆についての知恵はつけておきたいものです。

 

また、身内の方が亡くなり新盆を迎える方はお寺へ連絡をしたり、

お供え物を用意したり地域によっては食事を用意したりと

しなければならない事が多くあります。

 

今回は新盆を迎えるにあたり

知っておきたいことをまとめてみました。


Sponsored Link


新盆のお見舞いは手紙を書いた方がいいの?

新盆のお参りに行きたいが、遠方に

住んでいてお参りすることができない。

 

などと法要に参列できない場合には、香典やお供えものと

一緒に手紙を添えて郵送することが多いようです。

 

個人や家族の方へ気持ちを込めた手紙を一緒につけておくと

もらった側も嬉しい気持ちになることでしょう。

 

ただ、身内が亡くなりどんな手紙を書けばいいのか?

言葉選びに悩んでしまう方も多いと思います。

 

大切な事は相手を思い、丁寧な言葉で書くということです。

 

・お悔やみの言葉

・個人への感謝の気持ち

・法要に参加できない事のお詫び

・送るお供えものなどについての一言

・身内の方へのねぎらいの言葉

 

などを書くと間違いないでしょう。

 

 

お礼状も必要なの?

法要に参列してくださった方や、香典や

お供え物も頂いた方にお礼状を送るのがマナーです。

 

参列をしてくださった方には

当日に引き出物にお礼状を添えて渡します。

 

参列が出来ずに、お供え物を送ってくださった方には

お盆をすぎたらなるべく早めにお礼状を送ります。

 

月末までに送るのがマナーです。

 


Sponsored Link


 

手紙とお礼状の書き方はどうしたらいい?

上記でもお話しましたが、お見舞いの手紙やお礼状などは

普段なかなか書くことはありませんし、丁寧な言葉を使うため

言葉選びで迷ってしまう方も多いかと思います。

 

ですが大切な事は故人や家族を思い

丁寧な言葉を使うということです。

 

お見舞い例文

○○様の新盆を迎えられ、悲しみを新たに

されていることとお察し申し上げます。

 

このたびは、お伺いすることがかなわず

こころばかりではございますが、お花を贈らせて頂きます。

 

ご仏前にお供えいただければ幸いです。

 

ご生前の面影を偲び、改めてご冥福をお祈り致します。

暑さ厳しき折、ご家族の皆様、くれぐれもご自愛ください。

 

お礼状の場合には、いくつか決まり事があります。

 

・必ず故人の名前をいれること

・「。」や「、」などの句読点を文中に使わないこと

・お供え物や香典など、頂いたことへのお礼をいれること

・差出人の名前をいれること(フルネーム)

 

などに注意をしてお礼状を書きましょう。

 

お礼状を書く際には、できるだけ手書きの方が

感謝の気持ちが伝わるので良いでしょう。

 

 

しかし、枚数が多い場合には手書きは

大変なので、印刷でも失礼にはあたりません。

 

ハガキの形式にした場合でも、封筒に入れましょう。

 

お礼状例文(簡単な挨拶の場合)

先日はお心遣い頂きありがとうございました。

亡き父○○もさぞかし喜んでいると思います。

皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

お返しを送る際には、お礼状を添えて送る方が

感謝の気持ちがより伝わるのではないでしょうか。

 

できるだけお礼状を添えるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は新盆に関するお見舞いの手紙やお礼状に

ついてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

やはり相手を思い送る物は

物だけで送ると少し寂しくも感じますよね。

 

そんな時手紙など文字で気持ちを

伝えることが大切ではないでしょうか。

 

お見舞いの手紙もお礼状も、必ず送らなければいけない!

というわけではありませんが、その手紙の一手間をかけないのとかけるのでは、

受け取り側の印象は大きく変わってきます。

 

社会人のマナーとしても、手紙は付けておく方が良いでしょう。