お盆は先祖の霊を供養する行事です。

 

お盆にはご先祖様の霊が家族のもとに

帰ってくると言われています。

 

そんな中特別だと言われているのが、故人が

亡くなって最初に迎えるお盆が初盆、新盆です。

 

初盆には僧侶、親族、故人と親しかった知人を招いて

法要を行うなどいろいろと準備も必要なものです。

 

ただし、初盆は地域によって新盆と呼ぶなど、土地によって

しきたりが違ったり、宗派による違いもあるなど難しいことも多くあります。

 

初盆を迎えるにあたり、盆の暑い時期に故人の法要のために

足を運んでくださる方に失礼ないのようにマナーなども気になりますね。

 

そこで今回は、初盆について調べてみました。


Sponsored Link


初盆とは?

 

初盆と一言で言っても、

地域によって呼び方が違います。

 

初盆と書かれていても、「はつぼん」「ういぼん」と

読み方も地域によって違いがあります。

 

新盆の場合は「しんぼん」「にいぼん」

などと読みます。

 

初盆も新盆もどちらも地域によって呼び方の

違いがありますが、意味は同じものです。

 

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆が

初盆、新盆なのは何となく分かると思います。

 

正確には、故人が亡くなって四十九日(宗派によっては50日)を

終えてから最初に迎えるお盆が初盆、新盆となります。

 

ですので、故人が亡くなった時期が

6月末頃であれば注意が必要です。

 

四十九日がお盆と重なってきます。

数え方も、死亡日当日から数える、

死亡日前日から数えるなど、地域や宗派によって違いがあります。

 

法要と初盆の法要が連続してしまうなど問題もありますので、

家族としっかり話し合い対応を決めましょう。

 

四十九日の正確な日を確認したい場合は、菩提寺に確認します。

 

 

お盆の時期は?

 

出典:y-aoyama.at.webry.info/

 

初盆は故人が亡くなって四十九日の法要が終わってから

初めて迎えるお盆だということは分かっていただけたと思います。

 

では、お盆はいつになるのでしょうか?

現在、一般的には8月13日からの4日間を指すことが多く、

会社などの夏休みもその時期になっていることが多いですよね。

 

ですが、この8月のお盆を「月遅れの盆」と言います。

月遅れの言葉通り、本来、お盆は7月13日からの4日間を指します。

 

現在も関東の一部の地域や家庭のしきたりによっては、

7月にお盆の法要を行うケースもあるようです。

 

女性の場合、嫁ぎ先が7月にお盆を迎える地域の場合もあります。

そうなって慌てないようにしっかりと確認しておきましょうね。


Sponsored Link


 

初盆を行う時の注意点は?

出典 :osohshiki.jp/

 

初盆では僧侶を招いて法要を

行うことがほとんどです。

 

その場合どんなことに

注意しておけば良いのでしょうか?

 

僧侶、招く方への連絡は早めに取る

僧侶を招いて法要を行う場合、

予約が必要となります。

 

ですが、お盆の時期はお寺も忙しくなります。

なので最低1カ月前までには連絡を入れて予約をしておきましょう。

 

予約をする時には、僧侶が法要後の会食に

参加するのかもキチンと確認しましょう。

 

また、法要には親族、故人と縁の深い人を

招待する場合もあるでしょう。

 

その場合、招待状を送る必要があります。

招待状も法要日時の一か月前には発送を済ませるのがマナーです。

 

お盆飾りの確認をしておきましょう

初盆の場合、白提灯を用意するなど、

必要なものを購入しておく必要があります。

 

提灯の組み立てや精霊棚の組み立ては

入り盆の前日には済ませておく必要があります。

 

組み立てた後で、足りないものがあるなどと、

慌てることがないようにしっかり確認しましょう。

 

初盆見舞いに来られた方へ

お返しを準備しておきましょう。

 

初盆には法要に参加されない方が、初盆見舞いとして

故人にお線香にあげに来られる方もいらっしゃいます。

 

その場合、ほとんどの方が

お線香代などを用意して下さっています。

 

お帰りになる時に、そのお返しを渡すのがマナーです。

当日慌てることのないよう事前にきちんと用意しておきましょう。

 

 

まとめ

初めて迎えるお盆。分からないことが多くて当たり前です。

 

法要に参加される方もお見舞いに来られる方も暑い中

わざわざ足を運んでくださるのですから

失礼のないようにしっかり準備しておきましょう。