夏になると、海やキャンプ、バーベキューなどイベントが目白押し。

ですが、そんな楽しい夏のイベントにつきものなのが、「日焼け」です。

 

「日焼けなんて気にしていたら何もできない!」という方もいるかもしれませんが、

紫外線を浴び、日焼けをすると皮膚が炎症を起こしている状態なので放っておくと、

シミやソバカスの原因になってしまいます。

 

その他にも、日焼け後の「かゆみ」に悩まされる方も多いと思います。

今回は、日焼け対策から日焼けの症状や対処法、病院に行くべきタイミングについて調べました。

 

日焼けのかゆみがいつまで続くか分からない場合も、この記事を読んでしっかりと解決していきましょう。

 

日焼けのかゆみでお悩みの方はこちらから

日焼けのかゆみを抑える方法はある?オロナインや保湿クリームのおすすめは?

日焼けのかゆみはアロエジェルがいい?アトピーやアレルギーがある時は?


Sponsored Link


日焼けのかゆみはいつまで続くの?

日焼けをすると、簡単に言えば、

皮膚が軽いヤケドをしている状態になります。

 

段階によって対処法も変わってきますが、

とにかく日焼けをしたら冷やすことが大切です。

 

 

そして、しっかりと保湿をすること。

いつもよりも化粧水や保湿クリームを多めに塗り

念入りにスキンケアをおススメします。
スキンケアをしているのをしていないのでは大違いです。

またスキンケアをすることで、ヒリヒリやかゆみなども少しは緩和されます。

 

そして症状で厄介なのが、「かゆみ」です。

日焼けをして肌がかゆいというのは、肌からのSOS信号なのです。

 

日焼けをして、肌がかゆい、ピリピリするといった症状が出た場合には、

冷水でタオルを濡らし、かゆい部分にしっかりと当て、肌を冷やしましょう。
ほかにも、保冷剤をタオルで巻いて冷やすのもよいでしょう。

 

お風呂に入っていいのか気になる方はこちらから

日焼けのかゆみは予防できる?お風呂には入ってもいいの?

 

 

ひどい場合には病院に行ったほうがいい?

 

2、3日たってもかゆみが続くようであれば、病院を受診したほうが良いと思われます。

 

症状が長引けば長引くほど、肌に跡が残ってしまう可能性が高くなります。

他にも肌トラブルがあり、日焼けの他に

皮膚炎を引き起こしてしまう場合もあります。

 

日焼けのあとのケアをしっかりとしておかなかったばかりに、

日光にあたると湿疹がでてしまう「慢性光線性皮膚炎」を引き起こしてしまった。

というケースも中にはあります。

 

様子を見て、かゆみが続けば早めに病院を受診し、

きちんと診察をしてもらいましょう。

 


Sponsored Link


 

かゆみに効果的な方法はあるの?

まずはしっかりと「冷やす」こと。

日焼けをして赤くなっている場所はサンバーンという状態になっており

ヤケドのような状態になっています。

 

シャワーがあれば、冷水で20分程皮膚をしっかりと冷やします。

それからスキンケアを行いましょう。

 

化粧水をたっぷり塗るだけでも効果はありますが、

化粧水は「水」なので蒸発してしまいます。

その蒸発を防いでくれるのが、「乳液」や「ワセリン」です。

 

化粧水を塗ったあとには、しっかりと乳液や

ワセリンなどでフタをして保湿を促してあげましょう。

 

顔以外の場所も化粧水をたっぷり塗り、そのあとに

ボディクリームなどでフタをしてあげると効果が期待できます。

 

また、患部との摩擦などの刺激も避けたほうが良いです。

服などがこすれると刺激につながります。

メイクも症状がひどいときには控えたほうがよさそうです。

 

また、日焼けをすることによって乾燥が起き、

想像以上に体内の水分は減っています。

しっかりとスポーツドリンクなどで、水分補給を忘れずに。

 

 

まとめ

・日焼けをしてかゆみがでたときには、しっかりと「冷やして」「保湿」をする。

・かゆみが2,3日以上続いた場合には、早めに病院や皮膚科を受診する。

・日焼けがひどくならないよう、日焼け止めをしっかり塗る。

(一定時間おきに塗りなおすと効果が持続します)

 

日焼けも夏の思い出にはなりますが、痛い思いをせずに

楽しい夏のイベントを楽しむためにも、しっかりと事前に対策をして、

楽しい夏の思い出を作ってください!