新盆などの法事に招かれた際、香典や菓子折なども悩みますが

服装も頭を悩ませるものの一つではないでしょうか。

地域によっても変わってくるかもしれません。

 

男性も女性も喪服と決まっていれば悩む必要もないのですが、

招待状に「平服でお越しください」などと書かれていることも。

 

平服って何?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

この平服とは喪服などの礼服の反対語で、

普段着ている服という意味にあたります。

 

しかし平服とはいえども、法要に招かれたわけですので、

Tシャツとジーンズで良いのか?と言うわけにはいきません。

 

時と場合を考慮し、この時の平服の意味を

理解して服を選ばなければなりません。

 

この時の平服は、かしこまった場に出ても

恥ずかしくない服という意味になります。

 

このように礼服一つとっても常識、マナーが問われます。

いざというときに恥ずかしい思いをしなくて

すむように身につけておきましょう。


Sponsored Link


身内だけの場合、初盆の服装はどうしたらいい?

まず、喪服にも種類があります。

格式がわかれており、3種類あります。

 

正喪服

主に、喪主などの主催者側が身につける物です。

一番正式な喪服となります。

葬儀から一周忌までは、主催者側は主に正喪服着用がマナーです。

 

準喪服

親族や、一般参列者が着用する物です。

一般的にどのような場所でも着用できるので、

一着もっておくと良いでしょう。

 

略喪服

お通夜など急な知らせの弔問などで着用するものです。

お通夜などは突然のことなので、

少しカジュアルなスーツでも大丈夫です。

 

男性であれば、ダークスーツなど。

女性であれば地味な色味のワンピースなどです。

喪服もこれらの種類があります。

 

身内だけの新盆に参列する場合には、

できるだけ喪服で行くのが良いのですが、

 

真夏という事もあり、特に男性の方は

ジャケットを羽織るととても暑いですよね。

 

その家ごとによっても決まりはありますが、身内だけであれば

親戚などの近しい人に聞く事も一つの手段です。

周りに合わせて服装も考えましょう。

 

もしくは喪服を一式準備しておき、黒や紺などの

襟付のシャツなどを着て行くのも良いかもしれませんね。

 

準備をしておけば、もし周りが喪服を着ていた場合でも

すぐに着替える事ができますからね。

 


Sponsored Link


 

男性の初盆の服装は?

 

上記でもお話をしましたが、基本的には

喪服を着ていくのがベストです。

 

ただ、招待状に「平服でお越しください」とあった場合に

正喪服でいくのだけは避けましょう。

 

喪主よりも格式の高い喪服を着て参列するのは

失礼にあたりますので注意しましょう。

 

平服でと書かれていた場合に男性は

基本的にはスーツか喪服を着ていきましょう。

 

シャツは白で半袖のものでも構いません。

また、いつも通りで構わない。

 

服装は気にしないでと言われる場合もあります。

その場合には、下記のような服装にしましょう。

 

紺色やグレー、黒のなどのポロシャツ

パンツは革靴を履いても合うもの

靴は黒か茶色の革靴

 

といったものが良いと思います。

 

 

初盆の服はどのくらいお金がかかるの?

喪服を一式揃えるとなると、やはりそれなりの金額になります。

だいたい喪服の相場としては5万円以下だそうです。

 

安いものであれば10000円代でもありますが、やはり高い喪服を

着ている人と並ぶと、黒の濃さが違いかなり目立ちます。

 

喪服はあまり着る機会はありませんが、だからこそ

長く着られる物を選んでおいた方が後々便利かと思います。

 

特に若い方は、黒っぽいスーツであれば喪服として代用できるのでは?

と思いがちですが、やはりスーツと礼服ではジャケットの作りも違いますし、

やはり見る人が見ればすぐにわかってしまいます。

 

大人のマナーとして、社会人になれば礼服の

一つは持っておいたほうが良いかと思います。

 

 

まとめ

身内だけの法事に招かれた場合も、身内だけだからと服装を確認せずに

ラフな服装で行ってしまうと恥ずかしい思いをしてしまう羽目になることも。

必ず親戚などに服装を聞いておく事をオススメします。