出典:en-park.net/

 

初盆と言えば、故人が亡くなられてから

49日を過ごした後、初めてのお盆ですね。

 

初盆では故人と関わりの深かった方々にとってお悔やみの

気持ちを表す意味でも大切な時期であると言えます。

 

そこで今回は初盆の香典はいくらなのか、また御霊前の時はいくらなのか、

香典の包み方はどのようにするのかなどをご紹介いたします。

 

初盆の香典についてお悩みの方のお力になれれば幸いです。


Sponsored Link


初盆の香典は御仏前だといくらになる?

御仏前とは、葬儀・告別式を行った後に法事・法令をする上で、

40日以降の法事に参加する際に香典に書く際の言葉です。

 

故人や遺族との関り度合い、または参加者の年齢によっても

他生の誤差はありますが、相場としては、

5千円から2万円ほどのお金であるそうです。

 

一般的には1万円と考えられているようです。

引き出物の金額、初盆でいただく

食事料金を考えた金額を包みます。

 

 

御霊前の時はいくらなの?

御霊前は、通夜、葬儀、告別式また

初七日に香典に表書きしますよね。

これは御仏前と異なる点です。

 

御霊前の香典の目安ですが、御仏前と同様に個人や

遺族との関りにもよりますが、5000円から3万円が多いようです。

 

特に、故人の勤務先の上司や同僚は1万円ほど、

親しい友人は3万円ほど、祖父母の場合は3万円ほど渡す方が多いようです。

 


Sponsored Link


 

香典の包み方はどうしたらいいの?

御仏前を持参する時のマナー

市販の不祝儀袋に表書きを書く場合は、

49日以降なので濃い墨で書きます。

 

御霊前を持参する時のマナー

御仏前とは対照的に、市販の不祝儀袋に表書きを

書く場合は、初七日の法要の場合は薄墨で記入します。

 

薄墨用の筆ペンも販売しているので

これからのために用意しておくとよいかもしれません。

 

共通のマナー

のし袋の下段には会葬者の氏名を記入し、ご夫婦で会葬する場合は

夫の名前のみ、もしくは夫婦での関りが強い場合は連名で出します

 

または、夫がやむを得ず参加することができない場合は

旦那の氏名の下に小さく「内」と記入します。

 

そして、会社の関わりのある方の場合は、

上司の代わりに参加するという事もあると思います。

 

その際は、上司の名前を記入し氏名の下に小さく「代」と記入します。

不祝儀袋に入れるお金は新札を使わないようにします。

特にご年配の方はその風習があるので気を付けましょう。

 

もしも、新札しか持ち合わせていない場合は

軽く折り目をつけてから入れるようにします。

 

あまりにもくしゃくしゃにしたお札の場合は

失礼になるので気を付けましょう。

 

香典のお金の入れ方ですが、金額については

1は壱、2は弐、3は参、5は五や伍、7は七、8は八、10は十や拾と記入します。

現代と少し異なるので気を付けましょう。

 

そして、4万円や9万円はお悔やみの行事には

好ましくない数字であるので入れないようにしましょう。

 

中包みにお金を入れた後に中包みの

裏面に金額と住所、氏名を書きます。

 

出典:sasaki-shiko.co.jp/

 

そして、中包みの表麺には金額について

記入しますが、「金(参)萬圓也」と書きます。

 

上包みの包み方ですが、中包みを紙の中心に

セットし、上側と下側をかぶせます。

 

気になる香典の渡し方ですが、受付がある場合は

お悔やみの言葉を述べた後に記帳する際に香典をお渡しします。

 

受付の無い場合は、ふくさから取り出し遺族に丁寧に手渡しします。

 

また、どうしても用事があり持参することができない場合は、

必ず現金書留で送りお金にお詫びの言葉を添えて送ります。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

御物前は49日後の法事の事を指し、

御霊前は通夜以降の事を示します。

 

金額についてはご自身の年齢や、故人とのかかわりの

深さから考えられた金額を入れるようにします。

 

そして、お札に関しては新札を使わない

縁起の悪い数字を使わないなどのルールがあります。

 

のしの書き方にも、筆ペンの濃さなどの

違いがあるので気を付けてください。

 

せっかくの法事ですので遺族に不快な思いをさせないように

個人をお悔やみするためにマナーはしっかりと守りたいですね。