初盆は故人一人に1回しか

行わない特別なお盆行事ですね。

 

いざ初盆に呼ばれても、香典はどのくらいが

相場なのか、初めての人の殆どはわからないでしょう。

 

初盆に参加するのが一人の場合と子供がいる場合

同じ親族でも縁が近いか遠いかでも香典の相場は変わってきます。

 

また、香典を渡す方ではなくもらう側は

どのようなお返しを用意すればいいのでしょう。

めったにない初盆のお金について、まとめました。


Sponsored Link


初盆の香典相場はいくらなの?

 

初盆、または新盆は故人の葬儀が終わり

四十九日が過ぎて初めてのお盆のことを指します。

 

お盆は毎年来ますが初盆は1回きりの法要ですので、

あまり馴染みのない行事なのではないでしょうか。

 

新盆は地域や家の風習によっては大掛かりな法要を

行う場合もあり、普通の法事と同じく香典を

用意しなくてはいけないときも多々あります。

 

香典の金額相場は故人との関係や本人の経済状況によっても

大きく変化し、大まかな目安から増減させるのがいいでしょう。

 

新盆の法要と会食やお振る舞いがセットのとき、

故人から見て子供は1~5万円、孫は1~2万円、

兄弟は1~3万円が社会人一人の平均的な目安です。

 

読経のみで会食やお振る舞いがないときは、

この半分程度の金額が妥当ではないでしょうか。

 

新盆の香典は、通常のお葬式と同じように

のし袋に入れて渡すことがマナーです。

 

表書きは四十九日が終わっているので、仏式なら

「御仏前(御佛前)」や「御香典」、神式なら

「御玉串料」や「御神前」が基本的なものになります。

 

キリスト教やその他センシティブな宗教だったり

宗派がわからない場合は、オールマイティな「お花料」とすれば

そこまでマナー違反にはならないでしょう。

 

また、お盆を含めた冠婚葬祭は地域差やお家ごとの風習が大きく違いますので、

少しでも疑問があったり悩むことがあるならば、近しい年長者や

ご遺族にそれとなく用意や当日の大まかな流れなど聞いておくと良いでしょう。

 


Sponsored Link


 

子供や親族の場合の相場はいくら?

 

家族に子供がいるときに新盆に呼ばれると、

子供の分の香典はどうすればいいのかと思った人も少なくないでしょう。

 

特に小さな子供だったり、年齢は20歳を越えていても

職業が学生の子供がいる場合の金額には悩むものですね。

 

会食があるお盆の場合は会食代は香典から出されますので、

子供でも必ずいくらかの金額を包みましょう。

 

金額は子供の年齢によっても変わりますが、未就学児から小学生は

一人当たり3000~5000円前後、中学生以上は3000円~1万円前後を

親の香典と一緒の袋にまとめて渡すのが良いでしょう。

 

香典は基本的にひと家族1袋でまとめますので、例えば子供が大学院生や

社会人であっても同居をしている場合は、ひと家族とカウントして親と同じか

わずかに減らした金額を包み表書きを連名にしてもらうと渡された側もわかりやすいでしょう。

 

親族が新盆に呼ばれて参加する場合は孫と同じ程度で一人1~2万円程度が目安ですが、

法要自体には呼ばれていないものの帰省などでご遺族と顔を合わせるときや

お線香をあげに行くときは香典ではなくお供え代わりに小額の現金を包むとよいかと思います。

 

お供え料やお花料として、2~3000円を白封筒や茶封筒に入れて

名前だけ書いて渡すと堅苦しくなく気を使わせません。

 

地域によってはお盆期間の3~4日間毎日、何かしらのお盆の行事を行っている

可能性もありますので、ご挨拶やお線香をあげに行くときは

事前に在宅日を聞いてから用意するといいでしょう。

 

 

香典のお返しはどうしたらいいの?

 

新盆に限らず、香典と名の付くものを

いただいたときは、お返しをしなければいけませんね。

 

法要として新盆を開催した場合は、先にお返しとして

引き出物を用意しておくといいでしょう。

 

一般的な香典返しの金額は、いただいた香典の3分の1から

2分の1が目安になり、会食もある法要なら1000~3000円くらいが多いようです。

 

多くは調理油やしょうゆなどの調味料、お菓子や

お茶・コーヒーなどの嗜好品、石鹸や洗剤などの消耗品が大半です。

 

真夏という時期的に、ゼリーや水羊羹・そうめんなどの

季節物の食べ物も好まれて引き出物に選ばれたりもします。

 

また、最近はデパートや葬儀社もお盆の引き出物ギフトとして小額の

カタログギフトを用意しており、葬儀のときと同じように余った分は

返せるシステムもあり人気が出ているようです。

 

香典をいただいて金額を確認して初めて、香典返しの引き出物に見合わない

高額だった場合は、その場ではほかの人と同じものを渡しておいて、

後日プラスでお返しやお菓子などのお土産をお送りするパターンもあります。

 

 

まとめ

新盆の香典は、故人との関係や経済状況によって金額は変わります。

子供を法要に連れて行く場合は、香典に子供の分も上乗せしておきましょう。

 

法要に参加しない親族は香典ではなくお供え料にするときを使わせません。

香典のお返しは香典の3分の1から2分の1程度で、消耗品やカタログギフトが人気です。