出典:city.taito.lg.jp/

 

東京3大花火に数えられる隅田川花火大会は、

2017年で40回目の節目を迎えます。

 

テレビで中継を見たことのある人も多い隅田川花火大会は、

毎年95万人を越す人出を数える観覧困難な花火大会としても有名ですね。

 

混雑の中でも隅田川花火大会を見られる穴場スポットや

スムーズに移動できる時間帯がいつかを知っていないと、

人ごみの中で音だけ聞いて終わりなんてことも。

 

そんな隅田川花火大会のおすすめの

観賞場所を基本情報と共にお知らせします。


Sponsored Link


2017年の隅田川花火大会の開催日や時間はいつ?

出典:sumidagawa-hanabi.com/

 

隅田川花火大会は東京3大花火のひとつとして、

国内有数の人出を誇る花火大会として全国的に有名ですね。

 

日程は例年7月の最終土曜日に開催され、

今年の2017年は7月29日に開催予定をしています。

 

荒天のときは翌日の7月30日が予備日開催され、

30日も荒天の場合は中止となりますので日程に注意が必要です。

 

打ち上げ時間は19時5分から20時30分の85分間、

合計2万2000発の花火の打ち上げられます。

 

2万2000発の花火の中にはコンクール花火と銘打った200発の花火が含まれており、

コンクール花火は地元・両国にゆかりのある花火業者7つと、

 

全国の花火大会で優秀な成績を収めた花火業者3つの

計10の花火業者がわずか20発づつの渾身の花火で競い合います。

 

 

例年95万人以上の来場者を数え、東京都内では花火が見られない

花火大会とも言われるほどの人出が多いことが特徴です。

 

比較的早い時間から交通規制と誘導が始まり、場所によっては

花火大会が始まっても立ち止まれずにゆっくり歩きながら遠めにしか

花火が見られない、なんてこともよくあると言われてしまうほどです。

 

事前に花火の打ち上げ場所を確認して、近くに行くことより

遠めでもしっかり鑑賞できるスポットに行くほうが良いかもしれません。

 

 

隅田川花火大会の打ち上げ場所は2つある?

隅田川花火大会は単一の主催の花火大会には珍しく、打ち上げ会場が

2ヶ所に分かれていて、ひとつは桜橋から言問橋の間の第一会場、

 

もうひとつは駒形橋から厩橋の間の第二会場があり、

テレビでよく流される映像は第一会場のものが多いですね。

 

どちらの会場も橋の名前だとわかりづらいですが、

第一会場の打ち上げ場所は台東区リバーサイドスポーツセンター・弓道場奥の

川岸、第二会場の打ち上げ場所は浅草消防署奥の川岸になります。

 

第一会場の花火を見るには打ち上げ場所の反対岸、

長命寺や牛嶋神社のある岸で見るのが良いでしょう。

 

 

明確な観覧会場がないため、どこが最寄り駅といえませんが、

第一会場の打ち上げ場所の対岸に位置する三囲神社を基準にすると、

 

東武スカイツリーライン・スカイツリー駅から徒歩10分、

都営浅草線・銀座線の浅草駅から徒歩で15分ほどです。

 

多くの第一会場の花火を見に行く人は浅草駅から、目の前の

吾妻橋や牛嶋神社のある隅田公園を目指しているので、

 

当日のこの辺りは午前中から混雑し、夕方に近付くにつれて

駅から出ることも難しくなるほどの人出になります。

 

比較的人出の少ない第二会場付近は、打ち上げ場所の対岸近くに

公園や神社仏閣がなく、見られるところがないように思えるからでしょう。

 

 

こちらも明確な会場はありませんが、ランドマークとして対岸の

本所保健センターを基準にすると、都営大江戸線・蔵前駅か、

都営浅草線・銀座線の浅草駅から徒歩10分ほどの距離です。

 

見られる場所がないなら第一会場に行こうと思われる人が多いのですが、

第二会場の花火は少し離れた両国国技館や江戸東京博物館辺りから

見ることが出来るので、地元の人などはこちらに行くようです。

 

両国国技館・江戸東京博物館はJR両国駅から

徒歩2分ですので、交通の便もよい利点がありますね。

 

隅田川花火大会のおすすめ穴場スポット

出典:sumidagawa-hanabi.com/

 

どこも人で一杯になってしまう隅田川花火大会では、

どこに行けば止まって花火を見られるのかと疑問が出てきますね。

 

おすすめの穴場スポットのひとつは、「国道6号(水戸街道)」です。

 

公園やお店でなく道路を挙げられて驚きかも知れませんが、この国道6号は

当日の18時ごろから交通規制がかかり、道路上を歩行者が出入りできるように

なるのでしっかり立ち止まって鑑賞できます。

 

また、第一会場・第二会場のどちらの花火も見えることと、

第二会場の花火を見ると同じ方向にスカイツリーも望めることでもおすすめです。

 

道路なので明確な位置をご紹介できませんが、東武線曳舟駅から

隅田川に向かって向島5丁目の交差点、道路沿いの

ファミリーマートを目指していくとわかりやすいと思います。

 

第一会場の花火をメインに見るなら、

第一会場の少し上流にある「銅像掘公園」がおすすめです。

 

東武線東向島駅より徒歩15分ほどのところにある銅像掘公園は

高速脇の小さな公園ですが、周囲に高いビルもなく第一会場の

花火を下から上まで見られる穴場スポットです。

 

第二会場の花火だけに絞るなら、JR錦糸町から

徒歩10分のところにある「大横川親水公園」をおすすめします。

 

ビルの谷間にある親水公園からは上半分の花火が見える程度ですが、

花火と共にスカイツリーが見えるTHE・東京の花火といったロケーションが楽しめます。

 

穴場スポットというにはちょっと違いますが、せっかくの

隅田川花火大会をちゃんと見たい!と思われる人には、

隅田川花火鑑賞クルーズ船はいかがでしょうか?

 

打ち上げ場所両方を川から眺められ、船によっては食事や

花火大会まで落語家による噺会が行われたりします。

 

ほかにもスカイツリーの展望台や花やしき園内でも隅田川花火大会に

合わせた有料鑑賞席を販売していますので、昼間は観光・夜は花火と楽しめますね。

 

まとめ

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に開催し、

今年は7月29日を予定しています。

 

ひとつの主催が行うには珍しく、打ち上げ会場が

2ヶ所あり見られる花火もそれぞれです。

 

打ち上げ場所によっていくつかの穴場スポットがあり、

公園や神社以外にもスカイツリーやクルーズ船など選択肢はさまざまあります。