日本のスイスとも言われる長野県・諏訪湖では毎年、

国内有数の花火大会の諏訪湖花火大会が開催されます。

 

打ち上げ数、開催時間共にトップクラスの諏訪湖花火大会は

毎年人出も多く、開催時間や開催場所を事前に調べて

対策しておかなければプログラムを見逃しがちです。

 

諏訪湖花火大会をしっかり鑑賞するための

穴場スポットはどこ?いつくらいにいけばいい?

 

2017年の諏訪湖で行われる花火大会情報もまとめてお届けします。


Sponsored Link


2017 年の諏訪湖花火大会の開催場所や時間はいつ?

出典:suwakanko.jp/

 

信州・長野県の夏の風物詩のひとつである

諏訪湖花火大会が今年も開催されますね。

 

四方を山に囲まれた諏訪湖に約50万人が来場し、

打ち上げられる花火の数はおよそ4万発と国内でも類を見ない大型花火大会です。

 

今年、2017年の日程は8月15日の19時からで、

例年通りなら21時ごろまでたっぷり2時間の打ち上げを楽しめます。

 

毎年、雨天決行・荒天中止で順延はなく、過去には台風でない

雨天でも開催したことがありますので、会場に向かえ前に

必ずレインコートを人数分用意しておきましょう。

 

打ち上げ会場は諏訪市湖畔前湖上、有料席が用意される

石彫公園や湖畔公園がメイン観覧席になり、最寄り駅の

JR上諏訪駅から徒歩10分ほどの諏訪湖沿いになります。

 

大会の概要を見ると、ほかの花火大会とさして変わらないように思えますが、

諏訪湖花火大会が国内有数と言われるのは来場者数と打ち上げ数ではなく、

十分に用意された有料席と駐車場・屋台があるからこそなのです。

 

諏訪湖花火大会主催の諏訪市観光課が用意する有料席は、

事前販売・当日販売合わせて2万席を越える一大プロジェクトなのです。

 

また、諏訪湖花火大会のために作られる臨時駐車場は

12ヶ所約5000台分、その殆どがバスやキャンピングカーなど

大型車両が停まれる仕様になっています。

 

それだけの来場者のために設えられる屋台は会場内だけで

約600店を数え、会場外に作られる屋台や商店の店先に作られる

販売所をあわせると数え切れないほどの屋台グルメやおもちゃであふれ返ります。

 

これだけの大規模で町ぐるみの

花火大会だからこそ、日本有数になるのですね。

 


Sponsored Link


 

諏訪湖花火大会の穴場スポットと二つのプログラム

諏訪湖花火大会は現在、打ち上げ会場近くはどこも

有料席になっていて、JR上諏訪駅近くの諏訪湖畔で

無料で花火を見るのは不可能に近い状態です。

 

以前は湖畔に作られたランニング道での

立ち見が出来ましたが、現在は路面が壊れてしまうために

場所取りが禁止になっています。

 

しかし、一番花火をきれいに見られるのは諏訪湖畔の有料席です。

 

 

打ち上げは諏訪湖に浮かぶ初島から行われ、二部構成で上げられる

花火を余すところなく見られるのが有料席のいいところですね。

 

しかし有料席は最低でも1人1000円以上かかる上に、

一番見晴らしのいいところは高額の50人用枡席になるため、

ここは少し離れた穴場スポットで鑑賞するのもひとつの手です。

 

JR上諏訪駅近くの鑑賞スポットは上諏訪駅から

徒歩20分ほどでつく高台の「立石公園」があります。

 

 

高台で諏訪湖を一望できるところから、第一部の花火の早打ちや

スターマインなどを連続で飛ばす競技花火だけでなく、第二部のナイアガラや

水面ではじけるように上がるスターマインの亜種「Kiss of Fire」も見下ろせます。

 

好立地の公園だけあって、鑑賞スポットとしては申し分ありませんが

人出も多く、早くから出かけないと混雑しますので注意が必要です。

 

もうひとつは諏訪湖畔ですが、会場とは

反対側にある「岡谷湖畔公園」がおすすめです。

 

 

天竜川河口にある岡谷湖畔公園はJR岡谷駅から

徒歩15分ほどのところにある整備された公園です。

 

地元の人が散歩やサイクリングを楽しむ遊歩道と、

天竜川の起点になっている釜口水門があります。

 

釜口水門ではダムカードも配布しているので、

昼間に観光も楽しめますね。

 

少し離れていますが、のんびり鑑賞したい人や花火写真を

楽しみたい人におすすめするのが「高ボッチ高原」です。

 

 

諏訪湖から北に位置する高ボッチ山にある高ボッチ高原は、

車でしかいけない分観客も少なく立石公園より高い目線で

花火が見られ、スターマインもナイアガラもよく見えます。

 

諏訪の街を一望できるのと、その奥にそびえる富士山が

望めるところから昼夜問わず素晴らしい眺めの高原です。

 

キャンプをしている人や写真を撮りに来る人が

多いので、静かに花火鑑賞したい人におすすめです。

 

 

諏訪湖花火大会以外の諏訪湖おすすめ花火

 

諏訪湖では8月15日に行われる諏訪湖花火大会だけと

思われがちですが、実は1ヶ月の間毎日花火が上がっているのです。

 

「サマーナイトファイヤーフェスティバル」と銘打ち、

2017年は7月23日から8月27日までの期間、毎日20時30分から15分ほど、

約800発の花火が打ち上げられます。

 

花火に合わせて遊覧船も出航していますので、

泊りがけで行けば陸からと湖上から、二通りの花火が鑑賞できますね。

 

また、9月にはもうひとつの諏訪湖花火大会と言っても過言ではない

「全国新作花火競技大会」が行われます。

 

昭和、平成と今年で35回を数える全国新作花火競技大会は、

その名の通り全国の若手花火師が新作花火を発表する大会です。

 

今年、2017年は9月3日に予定され、諏訪湖花火大会と同じく初島から

打ち上げられる花火は約1万8000発を19時から20時30分の1時間半かけ、

およそ30万人の来場者に見守られながら行われます。

 

雨天決行・荒天中止の順延なしの予定で石彫公園に有料席が作られますので、

こちらも立石公園や岡谷湖畔公園から臨むと大きな混雑を避けて楽しめます。

 

華やかで斬新なプログラムの花火が長野県の夏を締めくくるでしょう。

 

 

まとめ

2017年の諏訪湖花火大会は、8月15日に

4万発の花火を打ち上げる大きな花火大会です。

 

初島を臨む諏訪湖畔はどこも有料席になっていて、

無料で見るなら立石公園や岡谷湖畔公園、高ボッチ高原と

少し離れたところがおすすめです。

 

8月の諏訪湖花火大会だけでなく、毎日800発を打ち上げる

サマーナイトファイヤーフェスティバルや1万8000発の

全国新作花火競技大会と諏訪湖では花火がたくさん打ち上げられます。