出典:hanabi.walkerplus.com/

 

2017年の江戸川花火大会の季節が近付いてきました。

 

今年も1万発を超える花火が東京の夜空を飾る江戸川花火大会は、

テレビで人出の多さをよく取材されることでも知られていますね。

 

混雑が予想される江戸川花火大会を

たっぷり楽しめる穴場の場所はどこにある?

 

また、全部のプログラムを見るには

いつぐらいの時間から待つのがいい?

 

人気の江戸川花火大会についてまとめました。


Sponsored Link


2017年の江戸川花火大会の開催場所と時間はいつ?

 

東京都と千葉・埼玉・茨城の4都県にまたがる江戸川の

花火大会は、関東でも1、2を争う人気の花火大会です。

 

今年、2017年の日程は8月5日の19時15分から20時30分と、

75分もの長時間打ち上げをすることも人気のひとつでしょう。

 

悪天候の場合は翌日の6日に順延、両日とも悪天候になると中止となりますが、

天候が落ち着いている時期なのでどちらかでは開催できるのではないでしょうか。

 

会場は江戸川河川敷の一部で、

都立篠崎公園の奥の川沿いから打ち上げをします。

 

実はこの江戸川花火大会は、江戸川河川敷で打ち上げる花火大会の

江戸川区が管理している部分での名称で、実際はお隣の千葉県市川市の

「市川市民納涼花火大会」との共同開催の花火大会なのです。

 

川を挟んで二つの実行委員会が1年かけて作り上げる花火大会では、

毎年1万発以上の花火を打ち上げ、今年は1万4000発の予定と発表しています。

 

1万4000発の花火を見に訪れる来場者はとても多く、去年の2016年では

全体で約139万人、江戸川区側だけで約90万人の人出があったことから、

今年も同じ139万人ほどの人出を見込んでいます。

 

当日は江戸川区側・市川市側の両方で、昼間から交通規制や

花火大会専用の誘導が行われますので、事前に公式サイトで確認し、

規制や誘導の指示に従って鑑賞しましょう。

 


Sponsored Link


 

江戸川花火大会の見所とおすすめプログラム

 

江戸川花火大会の大きな特徴である1万4000発もの花火は、

10分程度ごとに8つのテーマに分けて打ち上げられます。

 

花火大会の開始、19時15分からは、「満開!江戸川大輪花!」と題して

5秒間の間に1000発の花火を一気に打ち上げる、毎年の名物から始まります。

 

19時25分からは「白銀の富士」のタイトルに

合わせて空一面の花火が雄大な富士山を表現します。

 

白の次は可愛らしいパステルカラーの花火を集めた「キラキラ☆夏色アンサンブル」を

19時35分から打ち上げを開始し、10分後の19時45分には打って変わって

「CRASH×CRASH!」のタイトル通りに花火が縦横無尽に飛び回る激しいプログラムです。

 

後半の開始、19時55分からは「Let It Bee ダッシュ!~自由気ままに駆け回れ~」と題して、

どのようにミツバチが飛ぶのかが楽しみですね。

 

20時5分になると、元気一杯の花火から一転して落ち着いた紫色を主題にした

「神秘の楽園~ムラサキの癒し~」に移り、次の20時15分では反対色の黄色をテーマにした

「イエローマジック!!」で、黄色からさまざまな色へと華やかに変化していく不思議な花火が打ちあがります。

 

最後は「GOOD LUCK~希望の虹~」を主題に、天空から降り注ぐ

鮮やかな花火のシャワーが希望の光となって目の前を照らしてくれます。

 

見所は何といっても開始直後の一瞬にして

打ち上げられる1000発の花火と、最後のフィナーレでしょう。

 

どちらも江戸川花火大会ならではの演出が凝らされていて、

毎年楽しみにしているファンも多くいます。

 

 

江戸川花火大会の穴場スポットは?

 

人気の花火大会だけに、

当日の会場付近はとにかく混雑が予想されます。

 

会場である江戸川河川敷の最寄り駅は都営地下鉄線・篠崎駅から

徒歩で15分程度になりますが、この篠崎駅から会場までは例年、昼間から大変な人出になります。

 

花火がきれいに見られる穴場スポットの

ひとつとして、「篠崎公園」があります。

 

篠崎公園と聞くと、打ち上げ会場目の前で一番混雑していそうに思えますが、

川沿いにある篠崎公園ではなく鹿骨中学校近くにある「篠崎公園(第2)」のほうです。

 

この篠崎公園(第2)は住宅街の中にある小規模の公園ですが、

前日や当日の朝から場所取りをしている人も少なく、

昼から行っても比較的場所が開いている穴場スポットです。

 

もうひとつは思い切って対岸の市川市側の

江戸川河川敷緑地は意外な穴場スポットです。

 

打ち上げ会場から北側の緑地は市川市民納涼花火大会の有料席と

一般観覧会場になっていますが、会場から南側の市川大洲郵便局から入った

緑地帯は地元の人たちが多く、のんびりと見られます。

 

市川市側は例年、会場付近にたくさんの夜店が出て、

花火が始まる前からお祭の空気が楽しめます。

 

交通の便があまりよろしくないので車で近くまで行く計画を立てている人も

多いでしょうが、篠崎公園の駐車場は花火大会スタッフが使用するために

当日は利用禁止になり、住宅地の中に散見する有料駐車場の取り合いになります。

 

また、一部の有料駐車場は交通規制の影響で出入りが

出来なくなりますので、車で訪れるときは十分な下調べをしておきましょう。

 

 

まとめ

出典:hanabi.walkerplus.com/

 

2017年の江戸川花火大会は8月5日、

悪天候の場合は翌日の6日に行われます。

 

1万4000発の花火が75分間、絶え間なく

打ち上げられ凝った演出が楽しめるでしょう。

 

花火大会の穴場スポットは江戸川から少し離れた

篠崎公園(第2)と、対岸の市川市側の河川敷がおすすめです。