キャンプでの醍醐味の一つに焚き火がありますね。

 

自然の中で夜に焚き火の火を眺めているだけで癒される、

焚き火にはそんな言葉では言えない魅力があるようです。

 

そんな焚き火を楽しみたいと思っても、アウトドア初心者でも

簡単に焚き火を楽しめるものなのでしょうか?

 

キャンプ上級者になれば、河原などで適当な場所を見つけたら

直火での焚き火をする方もいるようですが、初心者には難しいですね。

 

そこで今は、焚き火台などでより安全に

焚き火を楽しめるような道具もたくさんあります。

 

 

ダッチオーブンに対応したものや、さまざまなサイズのものがあり、

初心者でも焚き火を始めやすくなってきています。

 

ですが、火の熾し方や、処理方法などまだまだ不安なことはありますよね。

そこで、今回は初心者でも焚き火の方法や処理の方法などを調べました。


Sponsored Link


キャンプで焚き火を楽しむには?

キャンプ場では、焚き火はもちろんですが、

マナーを守ることが何より大切になります。

 

そして、焚き火に関してはまず行こうとしているキャンプ場では、

焚き火が出来るのかきちんと確認することが大切です。

 

直火で焚き火が出来るところ、焚き火台であれば焚き火が

可能なところ、焚き火が完全にNGなところなどさまざまです。

 

そして焚き火を始める前には、テントや

タープを設置する時に一緒に焚き火する場所も決めましょう。

 

一緒に決めてしまえば、設置が完了した後で焚き火の

場所がないというトラブルも防ぐことができます。

 

またすぐ近くにキャンプをしているグループがある場合は、

そのグループにも「ここで焚き火をする予定です。」と一声かけておきましょう。

 

そのちょっとした気遣いで、お互いが気持ちよくキャンプを楽しむことができます。

最後に火をつける時には、風向きや風の強さなども確認しましょう。

 

他のグループのテントに火の粉が飛んでしまう可能性があります。

迷った場合は、キャンプ場の管理人さんに相談しましょう。

 

 

焚き火を処理する方法が知りたい。

出典:amazon.co.jp/

 

焚き火をした後は、焚き火をする前と

同じ状態にするというのがマナーです。

 

焚き火の後片付けを楽にするためには、

薪を完全に燃やし切ることが大切です。

 

そのためには、焚き火の間に薪をどんどん入れるのでなく、

燃やし切れる量の薪を入れることが重要です。

 

それでも薪が燃え残ってしまう場合があると思います。

その場合は、バケツに水を入れ、

トングなどで薪を水につけて完全消火しましょう。

 

他にも火消しツボなどを利用してもいいでしょう。

簡単に消火できますし、この火消しツボに

入れておけば次回は消し炭として利用できます。

 

完全に消火が確認できれば、

キャンプ場の廃棄方法に従って処理をしてください。

 

一般ごみとして出すところ、炭専用のごみ捨て場があるところなど

ありますので、分からない場合は、管理人さんに確認しましょう。

 


Sponsored Link


 

焚き火の処理をちゃんとしないとどうなる?

 

では、焚き火の処理をちゃんとしないとどうなるのでしょうか?

 

一番、考えられることは後にその場所を

使う人たちの迷惑なるということになります。

 

ワイドショーなどで、デイキャンプの後片付けをしないまま

帰るマナーの悪い人たちの話題が取り上げられることもあります。

 

周りでキャンプを楽しむ人達もいい気分はしませんし、

その結果焚き火が禁止になってしまったキャンプ場などもあります。

 

マナーを守らないことが結果的に多くの人たちの迷惑となる場合があります。

焚き火を楽しんだ後は、きちんとキャンプ場の処理方法にしたがって処理しましょう。

 

そして、処理する場合はきちんと消火してから処理しましょう。

きちんと消火が出来ていなかった場合、当たり前ですが火事の原因となってしまいます。

 

 

まとめ

キャンプでの焚き火は楽しみの一つですね。

キャンプ場のルールにしたがって、楽しい焚き火を楽しみましょう。

 

そして、マナーを守ってきちんと後片付けしましょうね。