キャンプ以外ではめったにお目にかかれない焚き火や

キャンプファイヤーは、アウトドアならではの楽しみですね。

 

直接火を焚くので、キャンプ場によっては

とても厳しいルールを掲げているところもあります。

 

焚き火初心者はキャンプ場のルールだけでは

いまいちよくわからない点が多々あるかと思います。

 

キャンプを始める前に、焚き火の大切なマナーに

後始末方法、焚き火のゴミについて知っておきましょう。


Sponsored Link


焚き火をする上で最低限のマナーは?

 

全国にキャンプ場は多々ありますが、

多くのところは直火での焚き火を禁止しているようです。

 

直火とは直接地面に石を組んだり木を組んで焚き火をすることで、

よくあるアウトドアのイメージではないでしょうか。

 

直火の焚き火は風向きや火の調節がとても難しい上に、

地面を直接焼いてしまうために周囲の芝生や木々が熱で枯れたり、

燃やして重大な火事に発展する可能性があるからです。

 

火事にならなくとも芝生が焼けて枯れると、

植え替えない限り新しく芝生が生えてくることはありません。

 

ダッチオーブンのふたや火から下ろした飯ごうを直接地面に置いている人も

多いですが、ダッチオーブンや飯ごうの熱で芝生が焼け枯れてしまわないよう、

熱を持った調理器具も地面に置かないようにしましょう。

 

焚き火がしたいときはキャンプ場のルールをよく確認し、

それでも疑問や要望があるときはキャンプ場のスタッフに確認を取るようにしてください。

 

直火でなく焚き火台を使っての焚き火のマナーとしては、

テントやハンモックなどの道具が近くにあるところでは使わないように、

周囲をよく確認することです。

 

大きな火を扱うことはとても危険でもあるので、隣との間隔が狭い

キャンプ場では焚き火を始める前に、隣のテントの人に

「隣で焚き火をします」と声をかけることで事故を減らせますね。

 

山もですが川や海で特に気をつけたいマナーとして、

ほかの人やテントの風下で焚き火をしないことです。

 

十分に距離を取っていて火事の心配がないとしても、

直接熱や煙が行くと迷惑になりますので注意して焚き火台を設置しましょう。

 

焚き火を終えて片付けるとき、焚き火台を洗うかと思いますが、

炊事場で洗うのはマナー違反です。

 

炊事場は食べ物を使う場所なので、基本的に食べられないもの

(焚き火台以外にも靴、雨具、玩具など)は洗ってはいけません。

 

キャンプ場によっては焚き火台や食べ物以外を洗う洗い場を

用意していることもあるので、キャンプ場に付いたら確認しておくといいでしょう。

 


Sponsored Link


 

キャンプで焚き火をする時の後始末はどうしたらいい?

焚き火の準備はマニュアルが多く出ていますが、

焚き火を終わらせて片付けをする方法はあまり紹介されていません。

 

基本的にはキャンプ場のルールや指示に沿って行うのですが、

だいたいのキャンプ場で使える後始末の方法をご紹介します。

 

簡単に後始末をするためには焚き火を始めるときから、

ある程度炭や薪の量は抑え気味にしておいて終わる頃には全部燃え尽きるようにしましょう。

 

燃えかけやまだ中に火が付いているような炭や薪は当然火事や

事故の元になりますので、焚き火の始末では必ず燃え尽きさせるようにします。

 

どうしても燃え尽きなかったり、キャンプ場の借り受け時間内に

燃え尽きそうになかったら、すぐにキャンプ場のスタッフに指示を仰ぎましょう。

 

燃え尽きていない焚き火に水をかけると一気に水蒸気が上がって

事故の元になりますので、指示された場合以外はあまり直接水をかけないほうがいいでしょう。

 

まれに、水が付いた炭や薪、灰は捨て場で引取りを断られる場合も

ありますのでその点も注意して確認をしておくことをおすすめします。

 

焚き火は大きく燃やしたくなりますが、

焚き火台のサイズと滞在時間を考えて控えめに焚くといいでしょう。

 

もしくは、便利な焚き火アイテムとして「火消しつぼ」というものがあります。

 

出典:amazon.co.jp/

 

まだ燃えている炭を入れて、酸素を遮断することで消火させる火消しつぼは、

短時間に始末が出来る上に炭の再利用が出来ますので、

今後もアウトドアの予定があるのなら購入を検討してもいいと思います。

 

 

焚き火で出たゴミはどこで処分したらいいの?

 

焚き火の火をけしたあと、燃やした炭や

薪はどう処分すればいいのでしょうか。

 

だいたいのキャンプ場には、燃やした

炭・薪・灰の専用の捨て場が付いています。

 

専用の捨て場がない場合は、

燃えるゴミとして捨てる場合が殆どです。

 

燃えるゴミなら普通のゴミと一緒に捨て、

炭専用の捨て場がある場合はゴミ袋などに入れないで捨てます。

 

どちらにしても、キャンプ場が指定した捨て場所に、

指定された捨て方で処分すれば大丈夫です。

 

キャンプ場のルールや利用規約に後始末の方法や捨て方が指定されていると

思いますので、わからなくなったらキャンプ場スタッフにたずねましょう。

 

もしキャンプ場でないところで焚き火をした場合は、

使ったものは必ず全て持ち帰り自宅で家庭ごみとして処分してください。

 

炭や灰は元は木材だからと砂や土をかけて埋めても、

自然に分解されない上に、大規模な山火事になる

可能性もありますので、埋め捨てるのだけはしてはいけません。

 

炭はだいたいの自治体で燃えるゴミとして、

残った灰は不燃物として捨てられます。

 

まれに違う場合もあるので、捨てる前に

各自治体のゴミの捨て方を確認しましょう。

 

 

まとめ

焚き火のマナーは事故や火事を起こさないためにいろいろとあり

焚き火をする場所や状況に気を配ることがマナーです。

 

焚き火の後始末は燃え尽きさせることが一番簡単な上に安全です。

炭や灰は必ずキャンプ場の捨て場か、自宅で家庭ごみとして捨てましょう。