キャンプを始めるとき、まずはキャンプ用品や

アウトドアに使う道具をそろえなくてはいけませんね。

 

しかしキャンプに使う道具は案外高価で、どの程度の予算で

何を買えばいいのか、キャンプ道具もどの順番で買えばいいのか悩んでしまいます。

 

買った後も、大きいものが多いキャンプ道具は上手に

収納しておかないと、次に使いたいときに見つからなかったろ壊れていたり。

 

かさばりがちなキャンプ道具の自宅での

収納配置についてもご紹介します。


Sponsored Link


道具を買うのに必要な順番はあるの?

キャンプに必要なアウトドア用品はテントや寝袋、テーブル、

ほかにもバーベキューなどの食事や料理のための調理器具と、

すぐに思いつくだけでもいくつもありますね。

 

どれも全部買うには大変ですので、まずは初心者が

揃えておきたい基本アイテムを押さえておきましょう。

 

何はなくとも、まずはテントを買うところから始めるといいでしょう。

 

テントは寝泊りするだけでなく、日帰りのバーベキューや海水浴、

ピクニック、子供の運動会の荷物置きに日陰作りにと、

使い道・価格・大きさも多彩にありますね。

 

テントを使う人数や使い道が大まかに決まると

ほかのアイテムのサイズや数も決まってきますね。

テントが買えたら、次に椅子とテーブルが必要に感じるでしょう。

 

ベンチが備え付けているようなキャンプ場はごくわずかですので、

椅子とテーブルがないと料理するにも食事するにも、

火の番も立ったまま机のないままでは大変です。

 

どっちも一緒に買うには予算が合わない、

というときには椅子を優先して購入するといいでしょう。

 

少なくとも、テント・椅子・テーブルの3つはどの季節でも

必ず使うものなので購入の順番では1、2番くらいに思っておきましょう。

 

この後は、どんなキャンプをしたいかによって順番は変わっていきます。

 

日帰りバーベキューのような食事に重点を置きたいなら

バーベキューコンロやクーラーボックスを優先するといいですし、

泊りがけキャンプを楽しみたいのなら寝袋や日没後の活動に必須の

ランタンなど照明類の購入をおすすめします。

 

もしキャンプ道具を選ぶよりも、次の連休にでもすぐキャンプがしたい!

というような場合は、アウトドア用品のレンタルをしているお店でテントから

バーベキューなどの炭や薪まで用意してもらえるようなお店があります。

 

最近ではキャンプ場でもアウトドア用品一式を貸し出すグランピングコースを

用意しているところもありますし、最初から全部揃えようとせずに、

自分に合った道具から揃えていきましょう。

 

 

キャンプ道具に必要な予算はいくら?

 

テントや椅子、テーブルのカタログなど見ると、サイズや

デザインの差もありますが価格も大きく差があることに気付かれると思います。

 

あまり安すぎるものを買うと不具合が出やすい場合も多々あり、

安全性も考えるとやはりある程度の予算を組んで購入するといいでしょう。

 

テントは特に、不具合が出ると寝る場所がなくなってしまう場合がありますので、

スノーピークやコールマンといったアウトドア用品メーカーのもので、

3~4人用のテントなら3~4万円程度のものを選ぶと安心です。

 

ワンタッチテントやポップアップテントといった簡単に組み立てられる小さめの

テントを選ぶ場合は、骨が強そうなもので防水加工をしてある、

1~2万円ほどの予算で探すと骨折れや雨漏りの心配が少なくなりますね。

 

椅子やテーブルはセットで販売しているものでも数千円からありますので、

特に座り心地や使い勝手にこだわりがない場合は数千円から1万円くらいの

安価なものから始めて、不満に思ったものから少しづつ替えていくといいでしょう。

 

テントと椅子、テーブルで4万円前後、バーベキューコンロや寝袋といったものから

炭などの燃料、使い捨てできるものも揃えると、平均で10万円くらいになるかと思います。

 


Sponsored Link


 

キャンプ道具の配置(収納)はどの様にするのが効率的?

楽しいキャンプから帰ってきて、自宅でキャンプ道具をしまうと

段になって、アウトドア用品の大きさにどう片付ければいいのか

困ってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

ある程度テントや椅子などの主の以外のこまごました用品が

増えてくると、散り散りにしまったが故に使いたいときに見つからなかったりしますね。

 

自宅でのアウトドア用品の片付けの強い味方になってくれるのが、

キャンプに持ち運ぶときに使うコンテナ類です。

 

コンテナはキャンプ場での持ち運びや車の中での整理に役立ちますが、

持ち運んだコンテナにそのまま収納しておけば自宅でも場所を取らずに一箇所にまとめて置けますね。

 

ベランダや車の中にドンとそのまま置きたい場合は、

ふた付きで重ね置きにも耐えられる無印良品の

ポリプロピレン頑丈収納ボックスが良いのではないでしょうか。

 

出典:muji.net/

 

最大3個まで積み重ねられる上に、サイズが3種類あるので

収納場所や車の容量によって自由に選べるところが嬉しいですね。

 

平らな地面においている場合は、簡易の椅子にもなる頑丈さで

アウトドア中も収納だけでなく椅子やローテーブルとしても使える万能収納ケースです。

 

屋内の物置やガレージに置く場合は、

折り畳みも出来るAy-Kasaマルチウェイマキシボックスが便利です。

 

出典:amazon.co.jp/

 

折り畳み式で軽いだけでなく、もともとは食品を運ぶために

作られた業務用のコンテナなので、ホコリの発生が抑えられている素材を使っています。

 

しまっているとどうしても汚れがちになるコンテナの中でも

コンパクトでホコリがたたないものは少なく、

折り畳み式のコンテナを探している人は候補のひとつにしてもよいのではないしょうか。

 

 

まとめ

アウトドア用品を一から購入するなら、いつでも使う

テント、椅子、テーブルをまず揃えて見ましょう。

 

キャンプに必要な予算としてはあまり予算を削りすぎるのは

良くないので、多く見積もってひと揃いで10万円くらいになります。

 

散らばりがちなキャンプ道具は、アウトドアで使うコンテナを

そのまま収納に活用するとまとまりやすいですね。