アウトドアの中でも定番のキャンプでは、急に暑かったり

寒かったりと屋外ならではの困りごとがありますね。

 

外に作るテントを暖めるために焚き火や炭を使う人もいるかと思いますが、

注意をしていないと火事や一酸化炭素中毒になることもあるのです。

 

一説にはテントを暖めるとダニが湧かないとも言われますが、

一酸化炭素が関係しているのでしょうか。

 

アウトドア初心者でも安心してキャンプが出来て

快適なテントにする方法をまとめました。


Sponsored Link


キャンプテントの中を暖める方法はある?

 

春や秋のアウトドアでは、日中はとても暑かったのに

朝晩はとても冷えて快適に過ごせないなんてのもよくあることですね。

 

キャンピングカーやバンガローがあるときはいいですが、

テントで寝泊りするときはどうすればいいのでしょうか。

 

アウトドアを楽しんでいる人の中には、身近にある熱源として焚き火や

調理に使った炭をテントに入れて暖めるという人もいるでしょう。

 

直接火をテント内に入れるとテントが燃えて火事になるだけでなく、

燃えて放出された一酸化炭素で一酸化炭素中毒になって

悪くすると亡くなってしまう可能性もあるのです。

 

焚き火ではなくてもカセットガスストーブや石油ストーブでも、

テントはメーカーや種類によっては機密性が高く、一酸化炭素中毒になってしまった報告は

毎年どこかしらのキャンプ場から報告があるくらいです。

 

それでも寒さで体調を崩したり、動けなくなってしまってはせっかくの

アウトドアも楽しくないものになりますし、病院で何日も治療を受けなくては

いけないような事態にもなるので、細心の注意を払ってテントを暖めるのが良いでしょう。

 

一般的に寒い時期のキャンプでの暖房は電源の要らない

カセットガスストーブや石油ストーブが主流です。

 

最近はキャンプ場によってはテントを張る場所の近くに電源を引いてあったりして、

セラミックヒーターを使ってテントを暖めることも出来る場合があります。

 

アウトドア初心者だけでのキャンプだったり、窓や換気口が付いていない

ワンタッチテントでの寝泊りをするとき、一番怖いのが就寝中の一酸化炭素中毒です。

 

ストーブ転倒による火事ですが、電源があるキャンプ場でセラミックヒーターを使えば

一酸化炭素が出る心配もありませんし、ヒーターが転倒しても燃料式でないために延焼の心配が減ります。

 

テントの中での事故は外から見えづらいために発見が遅くなりがちです。

重大な事故にしなよう、テントの作りや周囲の電源の有無を確かめて

安全で快適なキャンプになるように注意と備えをしておきましょう。

 


Sponsored Link


 

ダニや虫などの対処法は?

 

テントを暖めると熱や一酸化炭素でダニが沸かないと、

まことしやかな話がありますがこれは本当のことなのでしょうか?

 

先に結論を言いますと、答えはノーです。

 

種類にもよりますが、ダニは気温15度を越えると活動が活発になり、

気温20~30度が活動の適温と言われています。

 

熱によってダニを死滅させるには、湿度が低く温度は

50度以上の中にさらさなくてはいけないと研究され提案です。

 

ちょうど、使っている最中の洗濯乾燥機や布団乾燥機の中を

イメージしてもらうとわかりやすいと思います。

 

テント内でストーブや焚き火を使っても、室温が50度以上になることは

まずないですし、反対に20度くらいの温度になるとダニが活動しやすい温度になってしまいますね。

 

一酸化炭素はガス成分が下に溜まったりして虫が嫌がったりしそうな

イメージがありますが、高温や煙がない状況では一酸化炭素と空気の比重は

ほぼ一緒で、虫が嫌がる前に人のほうが中毒を起こしてしまいます。

 

ダニや虫を寄せ付けない対策は、テントを暖めるのではなく、テントを丸々覆える

タープやメッシュシェルターを使って羽のある虫が侵入しないようにします。

 

ダニやノミと行った地面にいる虫にはテントの下にグランドシートをしっかり敷いてから、

虫除けスプレーや蚊取り線香・防虫線香を使って寄せ付けないように予防しましょう。

 

 

一酸化炭素中毒を予防するには?

キャンプ場について確認したら、テントを暖める器具が焚き火か石油ストーブ

カセットガスストーブしか使えない状態だった、なんてハプニングもアウトドアには付き物ですね。

 

焚き火かストーブを使わないと気温一桁の中で眠るようになる、

なんてときは凍えないためにもストーブでテントを暖めるのがいいでしょう。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

焚き火でもストーブでも一酸化炭素は放出されますが、

火事になる危険性は焚き火のほうが何倍も高いので、

焚き火はテント外だけで使うようにしましょう。

 

テントを安全に暖めて事故を起こさないようにするには、

なんといっても換気が大切です。

 

一酸化炭素中毒は、テント内に一酸化炭素が充満することによって

起きますので、寒くても必ず換気を行わなくてはいけません。

 

1~2人用のテントは小さい分、一酸化炭素も溜まりやすいので、

基本的に30分から1時間ごとに10分程度、テントの出入り口と窓を

開けて換気をしておけば、そうそう一酸化炭素が充満することもないでしょう。

 

雪が降るほどの寒空でない限り、最初からテントの出入り口や窓、

メーカーや種類によっては換気口がついていますので、そういったところを

常に少し開けておいていつでも空気が循環するようにしておくのも良いでしょう。

 

また、定期的な換気をしていても事故が起こらないとも限りません。

万一に備えて一酸化炭素警報機をテント設営時に取り付けておくと、

安心してテントでの就寝や車中泊が出来ますね。

 

一酸化炭素警報機はアウトドアグッズショップやメーカーの販売サイトだけでなく

キャンピング用品を販売している大きなホームセンターや家電量販店でも

小型のものが安価で販売していますので、自分は大丈夫と思わずに備えておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

寒い時期でのキャンプでは快適に過ごすためにもテントを暖めることもあり、

安全性を考えるとセラミックヒーターがおすすめです。

 

テントを暖めてもダニや虫避けにはなりませんので、

タープや虫除け薬を使って予防するのが良いでしょう。

 

石油ストーブやカセットガスストーブでテントを暖める場合には十分な換気が

重要ですので、定期的な換気を一緒に一酸化炭素警報機を使って一酸化炭素中毒を予防しましょう。