出典:sports.geocities.jp/

 

市民プールはリーズナブルにプールを楽しむことができるので

学生さんをはじめ若い方も市民プールを利用したいですよね。

 

そこで、今回は若者でも市民プールを利用することができるのか

泳げない人も利用できるのか、泳ぎ方を教えてくれるレッスンは

あるのかについてご紹介いたします。

 

市民プールに行くかどうか迷われている方のお力になれれば幸いです。


Sponsored Link


市民プールは若い人も利用するの?

市民プールは25m区切りになっており、

若者が遊びに行くプールとは少し異なりますよね。

 

その他、水着にも規制があり若者が通うイメージはありません。

なので、波のプールで浮いたり、バカンスのように

ボールを使ってはしゃぐという事はできません。

 

しかし、水泳を通してダイエットをされたい方にはおすすめです。

 

平日の昼間は確かに高齢の方が多いかもしれませんが、

帰宅の時間を過ぎれば市民プールには学生の方をはじめ

若い会社員の方まで多くの方が訪れています。

 

 

泳げない人も利用していいの?

市民プールではほとんどの場所で、水中ウォーキングレーン、初心者レーン、

中級者レーン、上級者レーンを分けているので

泳ぐのが下手・上手に関わらず迷惑になる事はありません。

 

泳げない方も初めは水中ウォーキングで

水中ウォーキングを楽しむのはいかがでしょうか。

 

水中には浮力があるので陸に比べて足腰への負担が少なくなります。

水中歩行は水の抵抗があるので陸を歩くよりも多くのカロリーを消費します。

 

水中ウォーキングは姿勢よく大股で歩くことにより

1時間で360キロカロリーを消費すると言われています。

 

泳げなくても簡単に水中で有酸素運動をすることができますね。

さらに、初心者用レーンもあるので安心です。

 

平日でも夕方までであったら幼児や小学生の

世代の子どもたちもいるかもしれません。

 

しかし、夕方以降であれば大人の時間なので若者も

初心者コースを利用することができるのではないでしょうか。

 

あまりにも泳ぎ慣れていない場合は、レーンの真ん中を

泳ぐのではなく端を泳ぐことで他の人も泳げるスペースを作る事ができます。

 

もしも、初心者コースではじめ泳がれるのであれば、

泳げない方は周りを見渡して泳ぐことをおすすめします。

 


Sponsored Link


 

泳ぎ方などは教えてもらえるの?

出典:seven70000.net/

 

泳ぐことができない人向けに水泳教室が開かれています。

市民プールでは週2回の指導で月謝が5000円程度と言われています。

 

スイミングスクールの場合は週1回の指導で

月々6000円から7000円と少し高くなってきます。

 

さらに、水泳教室には年少から小学生までの子ども教室や

16歳以上の男女の一般教室、3歳から5歳までの子どもと保護者の親子教室があります。

 

その他、60歳の方のためのシニア教室や16歳以上の

女性の女性教室、未熟園児対応の教室もあります。

 

市民プールの場所にもよりますが、様々な年齢や男女別となっており、

様々な層の方を対象に暮らすが設定されています。

 

このようにクラスが設定されていれば泳げない事が気になっている

女性やお子様と共にプールデビューをされたい親子にも優しいプランとなっています。

 

また、大人の女性向けの教室もあり気兼ねなく泳ぎを習う事も出来ますよね。

市民ビールはとてもリーズナブルなのでお子様への指導にも良いです。

 

まずは、受付の方にご自身の泳ぎの具合を説明し、そのレベルに沿う

水泳教室があるかどうかを尋ねてみるのはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

市民プールはリーズナブルだけではなく様々な世代の方や

泳ぎが出来る出来ないに問わず様々な方に向けてのサービスが整っています。

 

時間帯にもよりますが若者も多く訪れ、ウォーキングの方から泳げない方、

上級者の方まで様々な層向けのレーンがあるので気兼ねなく個人が泳ぐことが出来ます。

 

また、様々な世代やニーズに合わせて水泳教室もあるので泳げない方も

水泳教室でリーズナブルに水泳を習うことができるのでおすすめです。