出典:camphack.nap-camp.com/

 

年中、自然と触れ合う事は楽しく

キャンプは行いたいですよね。

 

そこで、ストーブは冬場や肌寒い夜に寒い身体を

温めてくれる役割があるので欠かせません。

 

しかし、密閉空間の中でストーブを使用することで

一酸化炭素を増やしてしまい生命の危険を伴う事もあるので注意が必要です。

 

キャンプ場によっては年間に一酸化譚中毒で

運ばれる患者が数名出る場合もある様です。

せっかくのキャンプで病院送りになってしまうのは大変ですよね。

 

そこで、今回はキャンプでストーブを用いる際の注意点や

ストーブを使用する際に一酸化炭素中毒を回避する方法、

換気する方法などについてご紹介いたします。


Sponsored Link


キャンプでストーブを扱う際の注意点

冬キャンプと言えば、ストーブが欠かせません。

中でも石油タイプの乾電池や着火するタイプのもので

持ち運びに便利なコンパクトタイプのものが好まれます。

 

しかしながら、ストーブを使用するにあたり換気が必要になってきます。

 

石油ストーブの他に薪ストーブ、ガスストーブなどは密閉された

環境の中で石油ストーブを使用することで

一酸化炭素中毒の危険性が高まるのです。

 

一酸化炭素は酵素を運ぶヘモグロビンが酸素を運ぶ役割をしていますが、

一酸化炭素が増える事で一酸化炭素が体中に現れ、

結果的に一酸化炭素中毒になります。

 

一酸化炭素中毒の症状としては、頭痛や疲労感、

判断力の低下、ひどくなれば吐き気や嘔吐、意識障害、

けいれんなどの危険な症状が現れます。

 

ストーブをキャンプ内で使用した際にこの様な症状が

現れる場合は一酸化炭素中毒を疑い病院の受診をおすすめいたします。

 

そこで、これらのストーブを使用する際は

一酸化炭素警報器を購入することをおすすめいたします。

 

 

ストーブを扱う際、一酸化炭素中毒を回避する方法

出典:images-na.ssl-images-amazon.com/

 

上記でもご紹介した様に、キャンプでは使用するストーブは

一酸化炭素警報器の機能が付いた商品を購入することをおすすめいたします。

 

そこで、一番の一酸化炭素中毒を防ぐ方法は換気をする事です。

そして、密閉空間が狭ければ狭い空間であるほど

一酸化炭素中毒の危険性も高まります。

 

一酸化炭素は無味無臭でありその危険性に

なかなか気づく事が出来ないことが盲点です。

 

睡眠時にストーブを使用すると換気は難しく寝ているときに

一酸化炭素中毒になる可能性が高いので、できればキャンプ内を

寝る直前まで温めてしのぎましょう。

 

また、暖かさ保てるキャンプもあるのでその様な商品を

チェックしたり暖かい寝袋など寝具に工夫をする事もおすすめです。

 


Sponsored Link


 

キャンプでストーブを扱う時、上手く換気する方法

どうしても寒くキャンプ内で長時間ストーブを

使用する際の換気方法をご紹介いたします。

 

まず、タープ上部のペンチレータとキャンプ内の入り口や

後ろの入り口のファスナーを30cmほど開けることにより、

台形になるタープが出来換気スペースができるので喚起することが可能になります。

 

また、ストーブにアラームが付いていない場合は、

携帯のアラームを設定する事をおすすめいたします。

 

やはり、寝ながらストーブを使用することは換気もできず

おすすめできないので、できれば寝る際に使用する電子機器は

電気カーペットのように換気が必要でない物がおすすめです。

 

一酸化炭素警報器はAmazonや楽天などのネットサイトでも

購入することができるのでチェックしてみてください。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

冬場や冷えが厳しい夜間はストーブが欠かせず

キャンプ内でも使用することは多々あるかもしれません。

 

しかし、一酸化炭素中毒の症状は病院を受診した方が

良いほどの重症のものもあるので十分に気をつける必要があります。

 

ストーブを使用する際にはアラームを設定し喚起できる

環境を作り上げ、寝る際には消すなどの処置をとり

冬場でもキャンプをお楽しみください。