キャンプにハマってしまうと、夏だけなく

他の季節にもキャンプに行きたくなりますよね。

 

今年こそ冬キャンプにチャレンジしてみよう!

と思ってはいませんか?

 

寒くなる季節のアウトドア用品として暖を取るための

ストーブは定番のアイテムではないでしょうか?

 

お手軽なものとして石油ストーブと利用する方が多いようです。

石油ストーブの上にやかんなどを置いておくと、

テント内の乾燥を防ぐ効果もあります。

 

ですが、燃料となる灯油を運ぶために

タンクが必要だったり運搬方法が気になるところです。

 

また持ち運びに便利なコンパクトなものや

カセットガスストーブも気になりますね。

 

そこで今回はキャンプストーブについて調べてみました。


Sponsored Link


キャンプに持って行ける小さいストーブはあるの?

出典:sakidori.co/

 

キャンプやアウトドアで使用するストーブを選ぶ場合、

一番重要となるのが燃料に何を選ぶのか?だと思います。

アウトドアで使用するストーブは大きく分けて3つあります。

 

とにかくコンパクトなアルコールストーブ

 

出典:yamaneko.co/

 

燃料にアルコールを使用し最も軽量です。

燃料もボトルに入れて持ち運べるので、

とにかく荷物を減らしたい登山向けのストーブです。

 

五徳がついているものが多く、火力を

あるためにお湯などを沸かしたりできます。

 

アウトドア初心者にも手軽に使えるカセットガスストーブ

出典: uniflame.co.jp/

 

スーパーやホームセンターなどで

売っているカセットガスを使用するストーブです。

 

コンパクトなものも多く、女性でも楽に持ち運びができます。

コストパフォーマンスにも優れています。

 

広範囲を暖めてくれる石油ストーブ

 出典:kutikomi1.blog.jp/

 

火力が強くやかんを置いて置いたり、

煮込み料理をしたりする時にも使えます。

その暖かさでアウトドアストーブの中では一番人気があります。

 


Sponsored Link


 

石油ストーブの運搬方法は?

出典:item.rakuten.co.jp/

 

アウトドアストーブでは圧倒的な誇る石油ストーブですが、

気になるのはストーブの燃料となる灯油も含めてその運搬方法ですね。

 

一番は灯油用のポリタンク、灯油缶を利用して燃料を運ぶのが理想的です。

ですが、どうしても荷物が多くなってしまうアウトドアでは、

少しでも運ぶものを減らしたいのが本音だと思います。

 

アウトドア用の石油ストーブには

タンクが一体になっているものがあります。

 

このタンク一体型の場合、中に灯油を入れたまま運んでも

灯油が漏れたりすることが少ないようです。

 

家庭用のストーブと違い、アウトドア用のストーブは

持ち運ぶことを前提として設計されていますので、

灯油が漏れにくくなる工夫がされています。

 

ただしタンクに灯油を満タンして運んだり

メーカーによっては漏れるという報告もありますので、

事前にしっかり情報収集などで確認しましょう。

 

 

サーキュレーターは必要?

出典;camphack.nap-camp.com/

 

キャンプに行くときのおすすめアイテムとして、

最近はサーキュレーターをあげる人が増えてきています。

 

絶対に必要なものではありませんが、

夏のキャンプでも冬のキャンプでも使える優れものです。

 

サーキュレーターはその強い風力で、

空気を循環させるアイテムです。

 

夏場は暑くなったテント内の空気を入れ替えるのに使え、

その風で涼を得ることができます。

 

冬場はテントの上部に取り付けることで、

上に貯まりがちな暖かい空気を循環させて少ない熱量でも

効率良く暖を取ることが出来ます。

 

充電式のものや乾電池で使用できるものなどタイプも

さまざまですが、乾電池を利用できるものが使用時間も長くおすすめです。

 

 

まとめ

キャンプと言えば夏をイメージする方も多いようですが、

最近は冬のキャンプも人気があるようです。

 

夏とは違う自然の風景を楽しめるのも

冬キャンプの魅力の一つですね。

 

防寒対策をバッチリして、

今年は冬キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?