夏休みは楽しいことが一杯で、ついつい夏休みの宿題に

手をつけるのが遅くなってしまい、お父さんお母さんが

慌てて手伝うなんてこともよくある話ですね。

 

特に内容が決まってない自由研究は、理科系にするか

工作系にするか決めるのも一苦労します。

 

2017年の自由研究はお家や近所で買えるものを使った工作から

2017年に開催される自由研究に出来る親子イベント、自由研究コンクールが

複数開催されている理科研究まで、2017年の自由研究の参考にしてください。


Sponsored Link


自由研究はどの程度のクオリティが必要なの?

夏休みの自由研究は内容から完成度まで、

本当に全てが自由な学校もあります。

 

基準がまったくない自由研究の作品は、

どの程度のクオリティがあればいいのでしょうか?

 

もちろん1時間で適当に描いた絵やあり物で適当に作ったような

工作はあまりおすすめできませんが、無理に自由研究コンクールに応募して

入賞するような、夏休み中を費やすものを作る必要はありません。

 

特に公立小学校の夏休みに出される自由研究は、

生徒が自分でテーマを考えて作品を完成させられているかを

第一の基準においている学校が大多数です。

 

内容もその年頃の子供が興味を持つにはふさわしくないもの

(小学生でアダルトな内容やお酒、タバコなど)

ではない限り、何をしても構いません。

 

お子さんがやってみたいことがあまりなくて決まらない場合は、

博物館や企業のショールームでは夏休みのワークショップイベントを

調べてみると、たくさん開催されています。

 

おすすめのイベントはJMA(一般社団法人日本能率協会)が開催する

「夏休み 2017 宿題・自由研究大作戦!」です。

 

出典:jma.or.jp/

 

東京、大阪、仙台の3都市で開催される大型ワークショップイベントで、

全員で同じ事をするタイプでなく細かいテーマごとに分かれています。

 

当日その場でお子さんの興味を引くものを選んで、

帰宅後にイベントに関するレポートを書けば、1日で自由研究の殆どが終わりますね。

 

 

自由研究の中で比較的簡単な工作は?

お子さんが工作が好きなこの場合、多くは

自由研究に工作を選ぶことが多いでしょう。

 

最近はホームセンターや手芸店に工作キットが

たくさん販売されていますが、近所で買ってしまうとほかの子と

同じものになるのではという不安もありますね。

 

工作キットは説明がわかりやすくて材料が揃っていることから

最初の足がかりにはとてもありがたいアイテムですが、工作やもの作りが

 

好きなお子さんは一回キットを完成させると、「もう1個作りたい」と

言い出すのは工作好きあるあるではないでしょうか。

 

そこで、お家にあるものや普通のスーパーなどで

買えるものを材料にした、工作レシピサイトがとても便利です。

 

出典:yuge.moo.jp/

 

未就学児から小学校中学年向けの簡単な工作の作り方を

掲載しているサイトで、男女共に使えるアイディアが一杯です。

 

工作の定番である牛乳やペットボトルをメインに使うものが多く、

何個も同じものを作るにしても材料は集めやすいですし、

違う種類の工作をするときも簡単です。

 

実際にお父さんお母さんが、子供たちが楽しく作ったり遊べるようにと

考えたものばかりなので、自由研究の工作だけでなく

季節ごとのイベントにも使えるレシピもあります。

 

あまり見たことない爪楊枝で作るドット絵は、

見た目のインパクトと材料の手に入れやすさがおすすめです。

 

出典:yuge.moo.jp/

 

土台のスポンジ、爪楊枝、絵の具と元になる

絵があれば簡単に作れる手軽さが嬉しい工作です。

 

ドット絵は古いゲームのイラストなど元絵になるものは

たくさんあるので、お子さんの好きなキャラクターやモチーフで

作るとより楽しめるのではないでしょうか。

 


Sponsored Link


 

2017年におすすなめ理科の自由研究はある?

学年が上がって来ると、自由研究の内容も

難しいものに挑戦するようになりますね。

 

小学校高学年や中学生になると自然科学や理化学実験も

専門的になってきて、大人でも詳しく説明出来ないことがたくさんありますね。

 

難しくなりがちな理科の自由研究を探すなら、専門の力を借りてしまいましょう。

 

出典:kids.gakken.co.jp/

 

学習本や参考書の最大手、学研が子供向けに作った情報サイトの中でも

自由研究に特化したコンテンツでは、自由研究のヒントになる

レシピや研究方法が500ほど紹介されています。

 

中でも理科の実験としても楽しく、身近なもので出来る

クロマトグラフィでインクの色分け実験はどうでしょうか。

 

出典:kids.gakken.co.jp/

 

普段から使っているボールペンやフェルトペンのインクの色が

複数の色を混ぜて作られていることが実際にわかる実験ですので、

見た目も面白くて子供ならずとも大人でも楽しめますね。

 

調べる数を自分で決められるので、

1日で終わらせることも何日もかけて実験することも出来ます。

 

お子さんの興味や夏休みに忙しさに合わせて調節出来る

融通の利くところもおすすめポイントです。

 

身近なものを使って調べる理科実験では、内容はメジャーながら

やったことのない人が多いレモンや野菜で作る電池もおすすめです。

 

出典:kids.gakken.co.jp/

 

レモンの果汁が電解液になって電池になるレモン電池は、

身近にあるレモンが電気を発生させられる驚きと、

ほかの野菜や調味料でも実験が出来る応用力が魅力です。

 

よく使うものはレモン以外にジャガイモ、食酢、脱臭剤の

活性炭が上げられ、中学年のお子さんなら興味があるものが電池になるか否かを調べ、

高学年以上はどうして電池になるかまで調べると立派な作品になるでしょう。

 

 

まとめ

夏休みの自由研究の作品は、コンクールに応募するような

クオリティでなくても問題ありません。

 

自由研究のテーマが決まらないようでしたら、

企業などが開催するワークショップイベントに参加して

テーマを見つけてみましょう。

 

簡単な工作が作れるインターネット上にレシピサイトが

たくさんあり、お子さんに合わせて選んでみましょう。

 

理科の自由研究は学年が上がるにつれて専門的になっていきますが、

専門的な道具をそんなに使わないクロマトグラフィや

レモン電池などが手軽でおすすめです。