出典:deradera.jp/

 

七夕は古くから受け継がれる日本の行事であり、

五節句の一つとして数えられています。

 

さらに、七夕の織姫様と彦星様の七夕伝説はとても素晴らしいお話であり

皆様も幼少期に心に残っているお話なのではないでしょうか。

 

そのような行事はぜひお子様にも知っていただきたいですよね。

そこで、幼児期のお子様にもわかりやすい七夕の由来に関する話や

七夕のおとぎ話についてご紹介いたします。


Sponsored Link


七夕の由来をわかりやすく解説

七夕の日は古くから日本の五節句として、7月7日の夜に飾りや

願い事を書いた短冊を飾り、星にお願いをする日本の行事です。

 

その行事の起源には「棚機」という日本の古くからの風習と、

織姫・彦星のお話、奈良時代に中国からやってきた「きこうでん」

という行事からくると言われています。

 

棚機

棚機とは選ばれた若き女性が着物を織り神様に備え、

その秋の豊作や人々のけがれを追い払うことを願った風習です。

 

仏教の伝来とともに、お盆を迎える準備ととして

考えられ今もなお引き継がれていると言われています。

 

織姫・彦星のお話

ペガ星といわれる織姫様とアルタイルといわれる牽牛(彦星様)

はそれぞれの仕事に従事する星として考えられていました。

 

この2つの星は旧暦の7月7日に最も輝き、間には天の川がある事から、

中国で1年に1度織姫様と彦星様が出会う日として言い伝えられるようになりました。

 

きこうでん

中国から伝来した行事であり、織姫様の星に織や

裁縫が上達することを願う風習から生まれました。

 

庭先の祭壇に裁縫などに関連する針を備えます。

さらに、織りだけではなく芸事や書道に関しての

上達にも願いを込められるようになりました。

 


Sponsored Link


 

幼児に分かるような七夕のお話

七夕のおとぎ話

幼児期のお子様に伝わるような七夕のお話をご紹介します。

 

昔々、ある所に天の神様がおられ、その娘として

織姫様という機織りが得意な方がいました。

 

しかし、一人で寂しかったらので天の神様は天の川の

向こうにいる牛つかいの彦星様と結婚させました。

 

ところが、二人は結婚したら働くなくなり天の神様はお怒りになられました。

そして、天の川の両岸に二人を住ませあえなくしました。

 

織姫は悲しみ仕事も手につかなかったので天の神様は

7月7日の七夕にだけ会うことをお許しになられました。

 

七夕の日に雨が降ると天の川を二人が渡れなくなりますが、

そのようなときはカワサギが鳥の羽をひろげて渡らせてくれるのです。

 

七夕の由来

今からずっと昔の400年前からのお話です。

昔の日は七夕の日である7月7日にお庭に針や糸をお供えし、

お裁縫が上手くなりますようにとお願いをしていました。

 

そして、お裁縫だけではなく字も上手になりますように

という願い事も書くようにもなりました。

 

今では皆も書いているように、上手になりたいことや

お願い事を色んな色をした短冊にかいて笹の葉に飾るようになりました。

 

笹の葉に飾る飾りにも意味が一つ一つあります。

例えば、吹き流しには織姫様のようにお裁縫が

上手になりますようになどのお願い事が込められています。

 

巾着は昔のお財布ですがお金がたまりますように

という願いが込められています。

 

投網は昔の人にとって大切なお魚がたくさんとれますように

という願い事が込められています。

 

くずかごにはお部屋をきれいに整理整頓できますように

という願い事が込められています。

 

折り鶴には家族皆が元気に長生きしますようにという願いが込められています。

皆もきれいに短冊に願い事を書いて飾りつけをしましょう。

 

 

まとめ

出典:switch-box.net/

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

七夕の由来は歴史も奥が深く大人でも納得してしまいますね。

 

子どもに伝えやすく七夕の行事を解説し七夕の日を

お子様にも好きになっていただくのはいかがでしょうか。

 

織姫様と彦星様のお話は特に女の子の心には残るかもしれません。

七夕の意味を知りより家族皆で七夕を楽しめますように。