七夕の日に、七夕飾りが彩りよく笹に飾られていると

大人も子どももテンションが上がりますよね。

だからこそ、七夕には色鮮やかに賑やかに飾りたいですよね。

 

そこで、折り紙で簡単に作る事のできる

七夕の飾りの作り方についてご紹介いたします。

 

飾りの折り紙は難しいかと思われるかもしれませんが、

挑戦しやすいほど簡単なものがあります。

ご家庭でお子様と共に折り紙を作るのはいかがでしょうか。


Sponsored Link


おりひめとけんぎゅう

織姫様と彦星様の折り紙です。

作り方は簡単なので、お子様と共に作ることができます。

 

顔を描く部分があるので、オリジナルの

おりひめとひこぼしを作成してみてください。

 

出典:origami-club.com/

 

 

あみかざり

天の川を意識した綺麗な折り紙です。

水色や青色で作成すると綺麗に見えるでしょう。

 

はさみを使った作業をするのでお子様には少し難しいかも

しれませんが、保護者の方と一緒に作成することができると思います。

 

出典:origami-club.com/

 

 

あみかざり

縦に長いあみかざりです。

こちらはピンクや赤、黄色などの色で

つくっても綺麗に見えるかもしれませんね。

 

こちらも同様にはさみを使った難しい作業を伴うのでお子様と

一緒に作成される場合は少しお手伝いしてあげたほうがよいかもしれません。

はさみを使ういい勉強になるかもしれませんね。

 

出典:origami-club.com/

 


Sponsored Link


 

ちょうちん

七夕をお祝いするお祭りをしているかのように表現することができる飾りです。

はさみの他に、のりやひもが必要です。

 

こちらもはさみの作業がありますが、

あみかざりに比べたら少し簡単かもしれません。

 

出来上がった時に立体的になるので出来上がった際に感動を味わえます。

 

出典:origami-club.com/

 

 

ひしがた

全色の折り紙を使って作成すれば

空にかかる虹のような見栄えになります。

織姫様と彦星様もカラフルな虹を見れば喜ばれるでしょう。

 

折り紙の他にのりを貼る作業がありますが、お子様も

簡単な作業なのですぐ覚えて作る事ができるようになると思います。

 

好きなキャラクターなどの絵を描いてカラフルにしても楽しい飾りになりそうですね。

 

出典:origami-club.com/

 

 

わっかづくり

パーティなどのお祝い事でも作る事のある飾りです。

 

はさみを使うことのできないお子様の場合は、折り紙を折る所を

少し手伝ってもらい、大人がはさみで折り紙を切り小分けすると良いです。

 

くるりと丸めてのりでくっつける作業は手をよく動かし、

作れば作るほど増えていくので兄弟で作成しても良い競争になり作業が進むかもしれませんね。

 

出典:origami-club.com/

 

 

じゅうじふきながし

吹き流しは織姫のように裁縫が上達するように飾ります。

織姫様に憧れるお子様におすすめの折り紙です。

 

のりやはさみを使って作業しますが、

大人が手伝えばお子様も作る事ができると思います。

 

出典:origami-club.com/

 

 

かいかざり

かいかざりには、これからの夏に備えて

海に恵まれる事を願われて作られています。

 

折り紙を折った後には少ししか切る場所がなく、

あとは決められた形に整え、のりでくっつけます。

海をイメージした青色や水色で作成しても綺麗ですね。

 

出典:origami-club.com/

 

 

すいか

夏と言えば、すいかですよね。

七夕には昔からすいかやナスなどを飾る風習があります。

 

これは、豊作を願うという意味が込められています。

熱の訪れを感じる他、食べ物のありがたみを再認識することのできる飾りですね。

 

種をかく作業があり、お子様も楽しく作業することができると思います。

 

出典:origami-club.com/

 

 

さんまいぼし

さんまいぼしは七夕の日に輝く天の川の近くにある星をイメージしています。

 

はさみを使うことなく、3枚の折り紙を同じ形におり、

さらに重ねてのりでくっつけることで綺麗に完成することができます。

 

折り紙の数があるかぎり作りたい飾りです。

 

出典:origami-club.com/

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしょうか。

 

ここでご紹介したものはすべてお子様とも一緒に

作りやすいので是非、お子様と一緒に作成してみてください。

 

笹に飾る飾りはそれぞれに意味があったり、

笹を色鮮やかにする効果があるので是非挑戦してみてください。