昔から日本になじみのある年中行事の七夕。

特に織姫と彦星、二人の物語が有名ですよね。

 

元々は旧暦の7月7日に行われていたのですが、

旧暦の7月7日といえばちょうど雨の多い時期で

 

綺麗に天の川を見ることができないという理由もあり

現在の7月7日になったとも言われています。

 

ちなみに、旧暦の7月7日の事を伝統的七夕とも言うそうです。

今回はもうすぐやってくる七夕の織姫・彦星の七夕伝説や、

天の川が一番綺麗に見える時期についてまとめてみました。


Sponsored Link


織姫と彦星が離れた理由は?

七夕伝説は諸説ありますが、最も一般的なものは牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)という物語です。

この物語は中国が発祥です。

 

恋人と思われがちな織女と彦星ですが、この物語では夫婦とされています。

織姫は天の神様の娘で毎日まいにち機を織り、働き続ける真面目な娘。

 

彦星は牛の世話をする勤勉な男。

お互い真面目だった織女と彦星ですが、結婚して夫婦になることで

怠惰になり仕事をしなくなってしまいます。

 

そしてそのことに怒った天帝は天の川を隔て、

お互いの姿が見えないよう、東と西に織姫と彦星を引き離してしまうのです。

 

離ればなれになった二人は悲しみました。

二人があまりに悲しみに暮れていて、それを見た天帝は毎日きちんと働くのなら

1年に1度だけ、7月7日に会わせてやる。と二人が会う事を許したのです。

 

これが一般的な七夕伝説と言われています。

 

 

織姫と彦星の位置の見つけ方は?

 

本当に織姫と彦星とされる星はあるのか?と思っている方も多いと思いますが、

織姫と彦星の星はあるのです。

 

「夏の大三角形」という言葉を小学校の授業と習うと思いますが、

実はその夏の大三角形の中にあります。

 

こと座のベガが織姫で、わし座のアルタイルが彦星なのです。

実際に夏に空を見上げてみると、より明るい星なので見つけやすいですよ。

 

大体、夜の9時ごろに東の方角を見れば天の川が綺麗に見えることが多いようです。

地域によっては多少時間や方角は異なるみたいです。

 

ただ天の川は七夕の時期のみ見える。

という訳でもなく、実は年中見ることができます。

 

ですが、中でも幅が広く一番美しく見える時期の天の川が夏の七夕の時期だと言われています。

 


Sponsored Link


 

一番綺麗に見える日はいつなの?

冒頭でもご紹介しましたが、旧暦の7月7日伝統的七夕と言います。

 

その頃は雨が多く、天の川が見えづらい事から現在の新暦の7月7日になったと説明をしましたが、

実は最近は、旧暦の伝統的七夕のほうが綺麗に天の川を見ることができると言われています。

 

伝統的七夕の時期は8月の中旬。

一番綺麗に天の川が見えると言われているのは7月~8月後半くらいまでの間です。

 

都会だと街の灯りなどで見えにくいことも多く、綺麗な星を見る条件として

緯度が低いこともあげられます。

 

緯度が低く、標高が高い場所が綺麗に天の川を見ることができるようです。

 

 

まとめ

伝統的七夕と言われる旧暦の7月7日。

 

天の川が見えにくいと言われていたが、現在では伝統的七夕の時期の方が

綺麗に天の川を見ることができると言われています。

 

天の川や織姫と彦星を綺麗に見ることができるのは、7月~8月後半。

緯度が低く標高が高い場所。光害が少なく静かな場所がオススメ。

 

天の川は実は一年中見ることができます。

夜の9時頃に東の方角を見ると天の川を見ることができるようです。

 

是非今年の夏は夜空を見上げて、天の川と織姫と彦星を見つけてみてください。

お子様が居る方はご家族で一緒に見つけてみるのもオススメです。

 

夏休みの思い出に星を見にでかけてみてはいかがでしょうか。