7月7日はいわずと知れた七夕ですね。

笹に短冊を飾り、織姫と彦星のカップルに思いをはせて夜空を見上げる印象が強い日です。

 

しかし、七夕や織姫と彦星について詳しくは知らない人が多いのではないでしょうか。

 

織姫と彦星はどうして天の川をはさんでいるのか?

どうして会う頻度が1年に1回になってしまったのか?

なんで1年に1回以上の頻度で会えないのか?

 

いまさら人には聞けない七夕の雑学をまとめてみました。


Sponsored Link


七夕と織姫・彦星の関係は?

織姫と彦星といえば、毎年7月7日の七夕にだけ会える

悲しいカップルの物語を覚えている人も多いでしょう。

 

なぜ7月7日に織姫・彦星の物語が語られるかというと、日本の宮中で行われていた

五節句のひとつと、「乞巧奠(きっこうでん)」という織物や縫い物の仕事をしている

 

女性が手芸の上達をお祈りしたお祭と、織姫と彦星の物語の元になった中国の

神話伝説が結びつけたものと言われています。

 

宮中で行われていた五節句のひとつの七夕(しちせき)は、

乞巧奠と同じく手芸の上達を祈願する行事の一つで、起源は同じものといわれています。

 

織姫と彦星の物語の元となった神話伝説は、「牛郎織女」という名前で

牛飼いの男の牽牛と天帝の娘で機織りが上手な織女の二人が主役の物語です。

 

時代が現代に近付くにつれて五節句や牛郎織女が庶民に伝わり、一般的ではない

機織りの上達ではなく手芸を含む習い事全般の上達を願うお祭として、

江戸時代には今と同じように笹に願い事を書いた短冊を飾るようになりました。

 

習い事全般に変わったのは、織姫が機織りが上手だったことと

共に彦星が真面目で上手に牛を飼っていたことからでもあります。

 

いつの時代でも、習い事の上達は誰もが願うことだったことがよくわかりますね。

 


Sponsored Link


 

なぜ年に1回しか会えないの?

 

織姫と彦星が1年に1回しか会えないのにはちゃんとした理由があります。

 

中国の神話伝説「牛郎織女」をベースにした、

梁時代の殷芸(いんうん)が書いた「小説」に詳しく理由が書いてあります。

 

「小説」や現代に伝わる神話の漢文を書き下した大まかな内容をご紹介します。

「天の川の東側に、天帝の娘の織女が住んでいました。

 

織女は仕事の機織りがとても上手で、

毎日おしゃれもせずに真面目にひとりで織物を作っています。

 

ひとりきりで働く織女をかわいそうに思った天帝は天の川の反対、

西側で牛の世話をして暮らす男の牽牛と結婚をさせます。

 

牽牛もとても真面目な働きぶりに周囲の評判が良いことから

織女の結婚相手に選んだのですが、結婚したふたりは今までの仕事ぶりとは反対に、

一日中ふたりで天の川の西側に構えた家で遊びほうけてしまうようになりました。

 

働かなくなったふたりに天帝は大激怒して、

織女をもともと住んでいた川の反対側に帰して離れ離れにします。

 

しかし天帝も結婚させた手前、ずっと離れ離れにするのは可哀想に思い、

二人が1年間真面目に働いたら1日会わせると約束をしました。

 

そうしてふたりは天の川をはさんだ両岸で働き、約束の7月7日だけは

かささぎに乗って天の川を渡り、1日だけは会えるという暮らしをするようになりました。

 

簡単に書き下した内容ですが、実はふたりが

怠けていたから1年に1度しか会えなくなってしまったのです。

 

もともとは恋愛もほどほどにして、ちゃんと仕事をしましょうといった教訓の物語でもあったのですね。

 

 

織姫と彦星についての雑学は?

 

織姫と彦星には神話だけでなく、さまざまな雑学があります。

 

夏の天体観測でまず探す「夏の大三角」はこと座のベガ、わし座のアルタイル、

白鳥座のデネブをつないで作り、この3つの星がそれぞれ織姫、彦星、かささぎに当てはめられます。

 

七夕の逸話になぞらえたものですが、現在の7月7日は時期的によく見えないで、

本来の七夕である旧暦の7月7日(現在の8月上旬)にきれいに観測が出来るのです。

 

天体観測に絡んで、七夕に降る雨は日本や中国では

「催涙雨(さいるいう)」と呼んで織姫と彦星が流している涙だと言われています。

 

まれに雨が翌日まで続くとき、日本や中国では七夕と絡んではきませんが、

韓国では織姫と彦星が別れを惜しんで流す涙が雨になったものとしてロマンチックな天気とされています。

 

伝統食として、七夕にはそうめんを食べる地域が各所に

ありますが、このそうめんも織姫が関わっているのです。

 

織姫は機織りが上手だったことから、そうめんを織物に使う糸に

見立てて食べることで、織姫のように織物が上手になるようにとの願いを込めているのです。

 

 

まとめ

七夕と織姫・彦星はもともとあったお祭と中国の

神話伝説などの物語が混ざって出来た行事の一つです。

 

織姫と彦星が1年に1回しか会えないのは、

物語の中で結婚したら働かなくなったふたりへのペナルティでした。

 

現在の七夕では七夕になぞらえた夏の大三角を観測するには時期的によく見えず、

旧暦の7月7日にあたる8月上旬が適していたり、当日降る雨は

ふたりの涙が雨になったものなど、生活に密着した雑学がたくさんあります。