浴衣と言えば、夏の醍醐味ですね。

七夕祭りや夏祭りなど様々なイベントで浴衣を着ることが出来、女性らしい美しさが際立ちます。

 

デートや家族でのお出かけの際にももってこいです。

 

今回は女性向けに浴衣の着付け方法や帯の巻き方や帯の工夫、帯の色、合わせるのにおすすめの小物などについて紹介致します。


Sponsored Link



浴衣の着付け方法

浴衣の着付け方法を簡単にご紹介します。

 

まず、髪を自分でアレンジする場合は浴衣が着崩れしてしまう事があるので浴衣を着る前に髪をまとめておきます。

 

次に足を肩幅より狭いくらいに開けたった状態で浴衣を羽織り肩から左を上にして重ねます。

そして、襟先を持ち背縫いが背中の中央に合うように合わせます。

 

裾は長くなっているのでくるぶしの高さまで合わせます。

次に右手のを左わきへもっていき端を10㎝あげ重ねます。

 

そして、左手で端を5㎝ほど合わせます。

腰紐の真ん中を持ちきつく方結びで結び、余った日もは逆方向の紐にひっかけます。

 

そして、おしょりを全体的に引っ張り整えます。

コーリンベルトを端から入れシワなく整えた後、伊達注連をします。

 

 

帯の簡単な巻き方

蝶結び

 

出典:yukatamusubi.com/

 

帯は約50㎝ほど手の長さをとり、胴体にふた巻きします。

次に帯をクロスさせ人結びします。

 

そして、あまった箇所を巻きだたみし、羽根を揃えて作ります。

両サイドを折り、山ひだを作り羽根に手をひと巻きし整えます。

 

帯を後ろに回した後に型紙のような前板をいれ平らに見せます。

後ろから見ればきれいな蝶結びが出来上がっています。

 


Sponsored Link


 

帯の可愛い付け方

フリージア結び

出典:sgm.co.jp/

 

フリージア結びはリボン結びのような結び方です。

まず、同様に手の長さをとり、たれ先となる部分をシワなく広げます。

 

次にたれ先を反対にし斜めに折り上げます。

そして、たれ先を羽根に重ね、羽根の真ん中でリボンとなる部分のひだを作ります。

 

手を細やかに結び目の間に通り、結び目の部分を帯の中に入れ後ろにひだの部分をまわします。

後ろから見れば女性らしい結び方を見ることができます。

 

 

帯の色で女らしさが変わる

帯の色が浴衣の色柄や格、素材などに合っている場合にはとても魅力的で女性の美しさを引き立てます。

バランスがよくなるポイントは4つあります。

 

まず、浴衣と同じ色の帯を合わせる事で統一感を作り上げることができます。

次に、意外性がありますが浴衣の色とは正反対の帯です。

 

正反対の色の事を補色といい相性がとても良いです。

次に、浴衣に彩られている花などの柄の色と同じ色を帯にも選ぶ事です。

 

浴衣を着こなしているという印象を与えることができます。

最後に、紺や黒などの地味な浴衣にはあえて派手な帯を合わせる事です。

 

目立ちすぎず上品に浴衣のお洒落を楽しむことができます。

 

 

小物で身に着けたら良いおすすめの物

 

若い方から年配の方にもおすすめの浴衣に合わせるバッグとしておすすめなのがアンプリマです。

ビーズで作られているので上品であり地味な浴衣にも合います。

 

次に手提げや手持ちをする事のできる小さなバッグです。バッグは形や色合いがユニークな物でもよく若い方によく似あいます。

 

また、パーティなどにもおすすめのスクラッチバッグはシンプルにセレブのように映り、30代、40代の方にもおすすめです。

 

かごバッグも夏らしい雰囲気を醸し出すことが出来開け口を占める事ができるのでお祭りなどにも持ち運び安くおすすめです。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

浴衣の着付けは始めは難しいかもしれませんが毎年慣れてくれば人に教えることができるほど上達することができるかもしれませんね。

 

また、帯は様々な結び方があり同じく結び方を覚えれば様々なバリエーションにも挑めることが出来るので是非浴衣やその日の気分に合わせた帯を作ってみてください。

 

帯を綺麗に巻ければ後姿が美しい浴衣美人になる事間違いなしです。