エアコンをつけた時のイヤ~なニオイ。

実際に体験した方も多いのではないでしょうか。

 

フィルターのホコリを掃除したのに一体どうして?

と疑問に感じてしまいますよね。

 

実はエアコンのイヤなニオイの原因のほとんどは、

エアコン内部のカビかもしれません。

臭いが人体に及ぼす影響についてはこちらから

エアコンの臭いで病気になることも?予防方法はある?

エアコンの臭いは体に影響があるの?応急処置方法はある?

 

今回は、エアコンのイヤなニオイを除去するオススメの掃除方法をご紹介します。


Sponsored Link


エアコンからの風が臭う理由は?

エアコンは部屋の空気を吸い込み、本体内部で空気を冷やしたり暖めたりしています。

よって、部屋の空気と一緒にホコリやゴミなども本体内部に吸い込んでしまいます。

 

そのホコリやゴミはどんどんエアコン内部にたまっていくので、掃除をしなければカビが

生えてしまったりしますし、エアコンの風もホコリっぽかったりしてしまうわけです。

 

たまったゴミが及ぼすのは、ニオイだけではありません。

ゴミがたまれば、エアコンの電気効率も下がってしまいます。

無駄に電力を使用してしまいますので、電気代も余計にかかってしまいます。

 

また、ホコリやペットを飼っている方は、ペットの毛なども一緒に吸い込んで、

吐き出す風にもそれらは混ざっています。

 

吐き出される風にカビやホコリ、ペットの毛などが混ざっていると、アレルギーの原因になる可能性もあります。

以上の点を考えると、しっかりと月に1度のエアコン掃除を行っておく事が大切という事がわかると思います。

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンの匂いが気になる!運転などでいきなり臭うのはなんで?

 

 

エアコンはどのように掃除したら良いの?

 

一言にエアコン掃除。とはいえエアコンの掃除は重労働なイメージがあり、億劫に感じる方もいらっしゃると思います。

ですが以外と簡単にできるので、皆さん是非月に1度はできるだけ掃除をするようにしましょう。

 

まず最初は掃除機でフィルターのホコリを吸い取ります。

この時に、フィルターの周りやエアコン内部のホコリもしっかりと吸い取っておきましょう。

エアコンの掃除方法についてはこちらで詳しく解説しています

エアコンを掃除しよう!開け方や水洗いの方法は?

 

このホコリが残ったままだと、いくらフィルターを掃除していても残ったホコリが原因でカビが発生してしまいます。

 

次にフィルターを取り外し、お風呂場などでフィルターの裏側からシャワーを当て、ホコリを洗い流します。

必ず裏側からシャワーで流すという点に気をつけてください。

 

表側からシャワーをあてると、ホコリが目詰まりしてしまいますので、注意が必要です。

そのあとは、日陰でしっかりと乾かしてください。

以上で掃除は終了です。

フィルターをしっかりと乾かさないとどうなるか知りたい方はこちらから

エアコンのフィルターを濡れたまま付けてもいい?赤ランプの意味は?

 


Sponsored Link


 

臭いが取れない時にはどうすればいい?

エアコン内部や、フィルターを掃除したのに、まだニオイが・・・という経験がある方も多いかもしれません。

 

そんな方は、エアコンの吹き出し口部分を見てみてください。

その吹き出し口部分にホコリがたまっていませんか?

 

意外と見落としがちな部分なのですが、そのホコリが原因でカビが発生している場合もあります。

気がついたら、吹き出し口部分もしっかりと濡れたタオルなどでホコリを拭き取るようにしましょう。

エアコンの臭いが気になる方はこちらで詳しく解説しています

エアコンの臭いは除湿でなくなる?対処法はあるの?

エアコンの臭いを防止する方法は?臭いの取り方はあるの?

 

まとめ

エアコンのイヤなニオイは、原因のほとんどはエアコン内部のカビやたまったホコリです。

しっかりと月に1度は掃除をするようにしましょう。

 

掃除機でフィルターのホコリを吸い取り、シャワーをあててホコリを洗い流してあげましょう。

また、フィルターだけでなく、エアコン内部もしっかりと掃除機でホコリをとることが大切です。

 

他にも吹き出し口部分も要注意です。以外とホコリがたまっていて、そのホコリがニオイの原因の場合もありますので、しっかりと拭き取るようにしましょう。

 

エアコンのカビやホコリは、ニオイだけでなく、アレルギーなどの健康被害も心配されます。

エアコン掃除はしっかりと月に1度行うようにして、快適に使用できるようにしておきましょう。