子供から大人まで、だれもが発症する可能性のある、あせも。

赤い湿疹ができたり、かゆみがでたりと様々な症状があります。

 

主な原因は、汗をかき、着替えたり汗を拭き取ったりしなかった事により

毛穴が詰まり、皮膚が炎症を起こしてしまいます。

 

特に子供は親御さんがしっかり観察してあげることが大切ですが、

なかなか対策や予防が難しいです。

 

炎症がひどくなれば、皮膚科を受診し、ステロイド外用薬を処方されることもあります。

炎症も軽いものであれば着替えをしたり、スキンケアだけで治る場合も多いです。

 

軽い状態のうちにしっかりと治してあげたいものですが、

どんな方法があるのか、あせもとはどんなものなのかをまとめてみました。


Sponsored Link


あせもの正体とは?

そもそもあせもとはどんなものなのか。

 

人は生活をしていくなかで、汗をかきます。生きていくうえで汗をかくことは

体温調節をしたりと必要不可欠なことです。

 

汗をかくと、皮膚に汚れがたまります。その汚れが毛穴を塞ぎ、皮膚表面から汗を体外に出すことができず、炎症がでてしまいます。これがあせもの正体です。

 

あせもにもいくつか種類があり、赤くかゆみのあるものや、白や透明でかゆみのないものなど様々です。

 

ですが、汗をかいて、着替えたり、体をふいたりスキンケアをすることで予防することができますので、しっかりとご自身で予防を行いましょう。

 

 

シャンプーを使ったあせもの治し方とは?

 

あせもといえば、背中やお腹などの体にできるイメージがありますが、

体だけではなく、頭にあせもができるケースも多くあります。

 

頭は、帽子をかぶったりするので特に蒸れやすく、汗が体外に逃げにくいので

実はあせもができやすい場所なのです。

 

特に夏場はしっかりとシャンプーで隅々まで髪の毛、頭皮をしっかりと洗いましょう。

 

あせもは放っておいても治ると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、

油断していると大変なことになってしまいますよ。

 

重症化すると皮膚科に通うようになってしまいますし、とびひになってしまう場合も少なからずあります。

 

かゆくてかゆくて、掻き壊してしまうと、そこから菌が入り膿んでしまったり別の感染性の病気になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 


Sponsored Link


 

塩や海水はあせもに効果的なの?

あせもは海に入れば治る・・・という言葉を耳にしたことがあることも多いのではないでしょうか。

あせもには塩や海水が良いと良く耳にしますが、実は医学的根拠はないようです。

 

しかも、海水や塩などは皮膚に刺激が強いので、どちらかというとあまりオススメはできません。

かえって、炎症がひどくなってしまう場合がありますので、止めておく方が良いと思います。

 

 

まとめ

あせもは、汗をかいてもふきとらず、着替えたりしなかったことにより、毛穴がつまり

汗を体外に排出出来なかったことから、肌が炎症を起こしてしまうもの。

 

そんなあせもに海水や塩が良いと聞きますが、医学的根拠はない。

 

アトピー性皮膚炎などを発症している方や肌が敏感な方には、塩水や塩が刺激になってしまい、別の炎症を引き起こしてしまう可能性もありますので、あまりオススメはできません。

 

あせもを抑えるには、汗をかいたらしっかりと拭き取り、着替えて、スキンケアを行いましょう。あせもの対策には、肌を清潔に保つことが一番の対処法です。

 

特に赤ちゃんや幼児などの小さい子供は、大人よりも体温が高いので、暖房の効いた暖かい場所にいると、気づかないうちに汗をかいていることも多いです。

 

意外と冬場のあせもを発症してしまう子供も多いようです。

 

親御さんは注意して服装を考えてあげましょう。学校などで着替えるのが難しい場合には、汗ふきシートを持たせたり、通気性の良い服を着せるなどの対策が必要になりそうです。